平成26年度SSHの活動

平成26年度SSHの活動
2015/02/15

楽しい実験教室 in 市高

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、科学部による「楽しい実験教室 in 市高」が開催されました。
 17組の親子が実験と工作を体験しました。
 本日の内容は以下の通りです。
 1.液体窒素の実験
 2.静電気の実験
 3.真空ポンプの実験
 4.ぐるぐるレインボーの工作

 参加者の皆様の感想は、「楽しかった」という好意的なものばかりで、生徒たちも大変励みになりました。


18:23 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 今日の出来事
2015/02/14

静岡大学出張授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、静岡大学理学部の近藤教授をお招きして、「Co[salen]の酸素吸着」の講義と実験の授業を行いました。
 大学レベルの内容で、高校では使用しない器具を用いての実験でしたが、楽しく行うことができました。中には概ね理解できたと感想を述べる生徒もおり、頼もしい限りです。
 さて、最後に、この理論の論文を渡された生徒はみな驚きの表情でした。なぜなら、すべて英語で書かれていたためです。


18:17 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 今日の出来事
2015/02/10

課題研究校内発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 2/2・2/10の両日、課題研究の校内発表会を行いました。
 11グループが時間をかけて研究した成果を発表しました。この中から、県の理数科の発表会やSSH生徒研究発表会の参加グループが決まります。


18:11 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2015/02/03

探究プログラムⅠ(数学分野)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 1/29・2/3の両日、探究プログラムⅠで数学分野のミニ課題研究を実施しました。
 グループに分かれ、与えられた4つの課題に挑みます。
 どれも、試行錯誤をしながら、規則性・法則性を発見する課題になっており、生徒たちは時間をかけ探究しました。
 また、2/3では各グループが取り組んだ課題で分かったこと、発見したことについて発表しました。
 課題は以下のとおりです。
 1 折り紙で、正五角形をつくる。1/5の面積の正方形をつくる
 2 ぶどうの房パズル
 3 いろいろな図形のコマの重心を求め、回す
 4 8×8のタイルに1×3のタイル21枚を置いた時、1マス空くその位置を求める


18:06 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2015/01/23

英語のプレゼンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 22日と23日の2日間にわたり、ビタミンCの探究活動を題材に、英語のプレゼンテーションを行いました。
 「探究プログラムⅠ」と「SEC-Ⅰ」が連携し、TAの方々にも指導をしていただきました。生徒たちにとっては初めての活動で、英語に訳すことにかなり苦労していました。
 しかし、練習の甲斐もあって、発表は上手に行うことができました。中にはすべて暗記して発表した生徒もいました。また、質問も多く出ました。


19:57 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2015/01/10

ロボット工学の講義(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、千葉工業大学未来ロボット技術研究所長の古田貴之先生を講師に迎え、ロボット技術の現状と未来について講義をしていただきました。
 古田先生は、政府や企業と連携した研究を多く手がけている方で、大変お忙しい中、来校していただきました。生徒たちは、先生の講義に釘付けで、笑ったり、驚いたりの連続でした。
 そんな中、先生は御自身の経験から「目的をもって生きることの大切さ」を訴えていました。

古田 貴之 先生
生徒とボクシング?対決
いろいろなロボットを操縦
ロボットの未来を熱く語る
講義後、先生を囲む生徒たち
古田先生と記念写真

20:57 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/12/16

ビタミンCのポスター発表(1年科探科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 ビタミンCの探究活動が一段落を迎え、ポスター発表を行いました。
 SSH運営指導委員の先生方と2年の科学探究科の生徒も評価に参加しました。
 発表の生徒たちは委員の方々や先輩たちを前に少し緊張気味でしたが、多くの質問やアドバイスを受け、改めて自分たちの研究を振り返ることができ、大変勉強になりました。
 また、1月には英語のプレゼンテーションを行う予定です。


20:55 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2014/12/14

出前授業(科学部)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、静岡市立大川中学校・小学校の合同授業参観会で科学部が出前授業を行いました。
 中学生には「デンプンの加水分解の実験」、小学生には「液体窒素の実験とベンハムのこま・ブンブンごまの工作」です。
 保護者の方々も多数参観(むしろ参加?)しての楽しい授業になりました。子供たちの驚きや笑顔を見て、サイエンスコミュニケーションの大切さを実感しました。
 また、授業の後には中学生たちと交流会をもち、市高の特徴や学校生活のことなどの話をしました。

液体窒素のことを説明する熱心に工作に取り組む凍ったボールを落とすと?
慎重に薬品を入れる時間の計測は大丈夫?交流会では本音が飛び交う

20:34 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/12/13

静岡病院長講義(1年科探科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡病院長の宮下先生による講義が行われました。
 題名:「生命倫理学と医療倫理学 ~Medical Professional をめざすかもしれない君たちに〜」
 医院長のお話はとても興味深く、倫理というある意味答えのない分野について、考える材料をいろいろと提供していただいた気がします。

宮下静岡病院長メモを取る生徒たち生徒へも気さくに質問


20:13 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/12/06

2年生 海外科学研修 3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

グリフィス天文台を見学しました

ランチで親睦を深めました。

学校紹介や課題研究のプレゼンをしました。

高校の授業に参加しました。

天文台の前で記念写真を撮りました。
 

14:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/12/05

2年生 海外科学研修 1~2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 成田空港にて

 成田空港で荷物チェックイン

 LA空港に到着しました

 LA到着直後のランチ

ボルサ・チカ湿地帯での自然観察

 湿地帯を写真に収める生徒達

カリフォルニア工科大学の見学に来ました

 大学の前で記念撮影

 
   

14:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/11/15

秋のフィールドワーク(掛川層群 1年科探科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 袋井市にある宇刈里山公園周辺(掛川層群の一部)で、地層の観察と化石の採取に行ってきました。
 先日の事前研修で学んだことを活かしながらのフィールドワークです。
 この公園は県内で初めて「日本地質学会表彰」を受賞した公園で、市をあげて地層の保全に努めています。
 また、化石の採取では、山の急斜面を登りながらの作業となりました。成果については人それぞれでしたが、200万年前という遥か昔のこの地の様子を垣間見たような気がします。

地層の見方についての説明化石を見ながら遥か昔を想像トンネル内も教材がいっぱい
クリノメーターの使い方の説明携帯のアプリでもOK!化石のありそうな急斜面に挑戦!
黙々と作業をする生徒たち今日の成果の一つ冬眠中のカエルを発見!

21:27 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/11/07

秋のフィールドワーク事前研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡県自然史博物館ネットワークの横山学芸員をお招きし、秋のフィールドワークの事前研修として、「地層と化石」についての講義をしていただきました。
 15日のフィールドワークは袋井にある「宇刈里山公園」周辺で、掛川層群の観察と化石の採取を行う予定です。


19:09 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/27

駿河湾沿岸のフィールドワーク(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、静岡県土木事務所の御協力で、静岡ー清水間の駿河湾沿岸の海岸侵食について学びました。また、世界遺産になった三保海岸の景観を保ちながらの浸食対策などについても教わりました。
 高度成長期に安倍川の砂利を多量に採取した影響で、海岸侵食が起こり始めました。採取を止めてから、近年静岡地区は元の状態に回復してきましたが、未だに清水地区は侵食されたままです。元の状態に戻るには、まだ時間がかかりそうです。
 また、三保海岸は富士山の一部として世界遺産に指定されましたが、消波ブロックの景観が問題視されました。しかし、L型突堤でその問題も解決しそうです。
 その後、学校に戻りレポートを書きました。大変充実した研修になりました。
海岸浸食について学習大浜公園にある津波避難タワー避難タワーの上で防災学習
砂浜が戻った静岡地区の海岸清水地区はまだ侵食された状態大谷川水門の役割などを学習
大谷川水門の機械室三保海岸で侵食対策について学習学校に戻って報告書の作成

17:04 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/26

科学の甲子園

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 科学技術高校で行われた「科学の甲子園」の地区大会に出場し、4グループが与えられた問題に挑戦しました。
 4グループの構成は、科学部を中心に科学探究科の有志たちです。特に1年生にとっては難問だったようで、終了後は憔悴しきっていました。

開始前は余裕?の表情1年生にとっては…?????会場の様子

19:17 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/25

集まれ!理系女子 第6回女子生徒による科学研究発表交流会参加

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 ノートルダム清心学園が主催する「集まれ!理系女子 第6回女子生徒による科学研究発表交流会」に参加しました。
 科学部の2名が「ビタミンCと温度の関係」と題しポスター発表をしました。全国から70を超えるグループが集まり、京都大学を会場に熱気あふれる発表が行われましたが、いろいろとアドバイスを受け大変勉強になりました。

会場となった京都大学発表をした科学部の女子生徒開会式の様子
発表の様子1発表の様子2他校の発表も参考にする

 
22:48 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/23

「探究プログラムⅠ」ビタミンCの探究(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月16日より「探究プログラムⅠ」で、ビタミンCの探究活動が始まりました。
 初日は、ビタミンCの探究を通じて何を学ぶのかについて講義が行われました。そして、2日目(22日)には、使用する器具の特性や使用法について学んだあと、ビタミンCの量を求める実験を、用意された未知の濃度のビタミンC水溶液を用いて行いました。慣れない滴定でしたが、どの班もほぼ正確に求めることができました。


07:43 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/20

探究プログラムⅡ(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、探究プログラムⅡ(課題研究)を行いました。台風で2週続けて休校になり、探究プログラムⅡもその影響を受け、3週間ぶりになります。
 どの班も11月10日の第2回報告会に向け、急ピッチで実験やプレゼンテーション用のスライド作成をしていました。

今までの結果をまとめた班実験を急ピッチで進める班分担してスライドを作成する班 

15:44 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2014/10/18

安倍川のフィールドワーク(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 「国土交通省中部地方整備局 静岡河川事務所」の御協力で、科探科2年生16名が、安倍川へフィールドワークに行きました。
 大谷崩までバスで向かう途中、河川事務所の方から資料をもとに、安倍川の特徴、大谷崩の歴史や崩壊のメカニズム、砂防事業、河川事務所の業務などについてお話を伺いました。帰りは4カ所で水を採取しました。
 その後、採取した水のCOD検査をしましたが、どの場所の水もCODが低く、安倍川はとてもきれいな水であることが分かりました。

大谷崩で岩の観察大谷崩にて赤水の滝にて
水質検査のための水を採取童心に返って川遊び水中生物の採取もしました
パックテストでCOD検査過マンガン酸カリウムでも検査安倍川の水はとてもきれいでした

19:43 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/10/15

台湾の高校生と国際交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日、台湾から「台湾国立彰化高中」の高校生61名と引率の先生方6名が来校しました。
 10時に到着。歓迎セレモニーの後、授業を見学し、本校生徒とともに食堂で昼食をとりました。
 午後からは、2年科探科と一緒に理科の実験、1年科探科とはSECⅠの授業を受けました。
 そして、放課後は短い時間でしたが部活動の体験もしました。


21:45 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/09/14

ロボットセミナー開催

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 9月13日・14日の両日、本校において、芝浦工業大学主催の「少年少女ロボットセミナー in 静岡 2014」が開催されました。
 本校生徒が指導役となり、ロボット作成のお手伝いをしたり、バトルの審判等を務めたりしました。
 初日には田辺市長も駆けつけ、参加者を激励しました。


21:18 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/09/12

夏季研修発表会(科探科1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 夏休みに行った研修についてポスター発表をしました。
 大学での研究室研修、富士山へのフィールドワーク、静岡病院での研修を、グループに分かれて発表し、お互いに評価し合いました。
 静岡大学の石橋先生、静岡県立大学の小林先生・三浦先生にも評価していただきました。
 発表内容からして、生徒たちは充実した研修をしてきたようです。これらの研修が今後の活動に生きてくれればと思います。


21:38 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/29

静岡県立大学研修(科探科1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月28日・29日の二日間にわたり、静岡県立大学食品栄養科学部で研修をさせていただきました。
 各研究室で行う実験内容の説明を全員で聴いた後、生徒20名が4つの研究室に別れ実験実習を行いました。


各研究室の内容は以下のとおりです。

【坂田研究室】

タイトル:環境中の微生物を遺伝子の違いに応じて染め分ける

 微生物とはバクテリアなどの数μmの小さな生き物です。微生物は環境中で様々な物質からエネルギーを得て生きていますが、その過程で地球上の元素・物質循環にも大きな影響を及ぼしています。本実習では野外で採取した土壌や堆積物中の微生物を遺伝子の違いに応じて種類ごとに蛍光染色して可視化することを試みます。

【三浦研究室】

タイトル:食事はどのようにして身体を動かすエネルギーへと変わるか

 日常生活の中で、食事をとれなかった時、あるいは運動した時の栄養素の代謝に興味がありませんか? 私たちは食事をとることで活動エネルギーを得ています。さらに、私たちは絶食や運動によって栄養素の代謝を変化させて活動エネルギーの消費量を変化させています。この実習では、食事の栄養成分が私たちの身体のなかでどのように活動エネルギーに変わっていくのかを、自分たち自身が被験者となって体験できます。

【小林研究室】

タイトル:ゲノムの多様性を知ろう

 私たちは、ヒトに特有なゲノム(遺伝子)を持つとともに、自分だけに固有のゲノムを持っています。自分の細胞や食品(魚や肉など)からDNAを抽出し、その配列を分析して比較することで、ゲノムが種間、また個体間でどのように異なるのか、その多様性について理解を深めます。

【雨谷 研究室】

タイトル:身の回りの化学物質

 私たちは、様々な化学物質に囲まれて生活しています。このなかには工場で大量生産されたものなどもあります。このうち、トルエン(溶剤などに使われていました。シックスクールの原因として指摘されたことがあります)などの物質をどのくらい吸い込んでいるのかを調べる方法に、ガスクロマトグラフ/質量検出器を用いた手法があります。本研修ではこの装置を使って、自分が吸い込んでいる空気の中に、トルエンなどの物質がどのくらい入っているのかを調べます。



20:17 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/23

御前崎のフィールドワーク(科探科2年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡大学理学部の塚越先生の指導で、御前崎のフィールドワークを行いました。
 あいにくの小雨模様でしたが、海岸に打ち上げられた遺骸生物を採取し、御前崎海岸の地形的な特徴などについて学習しました。
 また、学校に戻ってから、採取した生物を図鑑やネットを参考に分類(門)しました。


20:03 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/22

静岡病院研修(科探科1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡病院体験研修セミナー「ようこそ未来の医療人たち」と題して、医療関係志望者(医学5名、薬学6名)を対象に、以下の様なプログラムを静岡市立静岡病院で行いました。
 
午前

 病院長講演:「ようこそ未来のMedical professional講演:「医師の仕事とは」「薬剤師の仕事とは」

 病院見学①:手術の見学、ICU、病棟 等
午後
 医師体験:心肺蘇生、気管支挿管、超音波検査、切開縫合
 病院見学②:救急治療室、薬剤部
 医師・薬剤師との懇談会

宮下病院長病院長の講演真剣に講演を聴く生徒たち
病院見学着替えて手術室へ手術の見学
挿管の実習縫合の実習心肺蘇生の実習
テレビのインタビューに答える超音波検査の実習救急治療室の説明
薬剤部の説明医師との懇談薬剤師との懇談

19:19 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/21

静岡大学研修(科探科1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月20日・21日の二日間にわたり、静岡大学理学部で研修をさせていただきました。
 生徒20名が5つの研究室に別れ、各研究室で必要な基礎知識の講義の後実験を行い、結果を分析しました。


各研究室の内容は以下のとおりです。

【三重野研究室】

実験タイトル:セシウムなどのガンマ線放出を測ってみよう

 セシウム137から放出されるガンマ線のエネルギーを、シンチレーターにより測ります。どうしてガンマ線がでるか? どのような原理でガンマ線を測定するか学習します。また、ガンマ線の貫通能力を測定しその性質を調べる。周囲環境に存在するガンマ線、一般物質からのガンマ線も測定します。


【嶋田研究室】

実験タイトル:電子の比電荷・原子のスペクトル

 低圧のヘリウムガスの入っている管球内に磁場をかけて電子銃から打ち出させた電子を円運動させます(電子は蛍光を発するので、肉眼で電子の軌道を見ることができる)。かけた磁場と電子の早さと円軌道の半径から電子の比電荷を測定します。

 ガスが入っている管球内で放電を起こすと、ガスの元素に関連した波長の光が出ます。いくつかのガスのスペクトルをプリズムを用いた分光器を使って測定します。


【大矢研究室】

実験タイトル:X線で調べる材料表面の化学結合状態

 X線光電子分光装置を用いて、固体材料表面の化学状態やその深さ方向変化について調べることにより種々の材料表面での化学的挙動を理解します。(XPSの使用料が必要)

実験タイトル:放射線の特性

 放射線の基本的な特性を理解するために、距離と遮へいによる減弱効果について調べるとともに、ベータ線の後方散乱現象について理解を深めます。


【大吉研究室】

実験タイトル:クロマトグラフィーによる混合物からの分子の分離実験

 身の回りの物質は、多種多様な分子から成る混合物であり、混合物中の分子はそれぞれ化学的な性質が異なっています。そこで身の回りの混合物から分子の性質の違いを利用してクロマトグラフィーにより分子を分離してみます。クロマトグラフィーは工業的にも研究においても重要な分子の分離方法なので、そのクロマトグラフィーの原理と共に実際の実験法を学びます。


【近藤研究室】

実験タイトル:カプセル分子を利用した水溶液中の陰イオンの捕捉実験

 カプセル構造を形成する金属錯体を利用して、水溶液中から、通常は沈殿として分離することができない硝酸イオンや過塩素酸イオンなどを分離除去する実験を行います。



19:03 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/15

夏季フィールドワーク(科探科1年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月14日・15日の1泊2日で、静岡大学の石橋先生の指導のもと、富士山へフィールドワークに行ってきました。
 1日目は大雨で、予定していた宝永火口へは行けませんでした。2日目も晴れたり曇ったりで少し予定を変更しましたが、無事研修を終えることができました。

研修内容
 1日目
 ・富士宮五合目で岩石の観察
 ・「富士山樹空の森」でシアター等を見て研修
 ・「駒門風穴」で溶岩洞窟の観察

 2日目
 ・富士スバルライン途中の駐車場で、スコリアの観察
 ・富士吉田五合目付近を散策しながら、小御岳火山露頭の観察
 ・「白糸の滝」、「音止めの滝」見学


 
22:43 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/09

科学の祭典 in る・く・る 2014

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 4日間(9日・10日・16日・17日)にわたり「青少年のための科学の祭典静岡大会」が開催されました。
 9日は高校生だけの祭典です。本校を始め県内の高校生が集い、各ブースで科学の面白さを伝えました。
 SSHのテーマである「サイエンスコミュニケーション」の実践として、科学部を中心に科学探究科の1年生も参加しました。
 非常に多くの来場者があり大変でしたが、生徒はかなり楽しんでいたようです。

21:26 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/08/08

つくば研修(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月7日・8日に、SSH生徒研究発表会とつくばへの研修に行ってきまいた。
 研修内容は以下の通りです。

8/7(木)
 ・SSH生徒研究発表会(会場:パシフィコ横浜)
   口頭発表とポスター発表の見学
 ・ツムラ漢方記念館見学
   会社の概要と漢方についての講義
   薬草園の見学
   漢方の歴史、漢方薬のサンプル展示の見学と解説
発表した代表生徒(3年生)真摯に対応する生徒たち他校の説明を熱心に聞く2年生
昨年に引き続きツムラを訪問熱心に説明を聞く生徒たち漢方の歴史などについて学ぶ
実際の漢方薬の原料を手に取る薬草園で説明を受ける展示されている漢方薬の原料

8/8日(金)
 ・原子力科学研究所見学
   研究施設・加速器の説明
   研究用原子炉を車窓から見学
   J-PARC(大強度陽子加速器施設)の見学
 ・グループに分かれて以下の施設で実習
   物質・材料研究機構
   農村工学研究所
   農業環境技術研究所
   森林総合研究所
核分裂について説明をうける加速器の外観を間近に見る樹木について説明を受ける
顕微鏡で木の木口や板目を観察
身近なものの樹種を調べる樹種を当てることができたかな?

   
23:27 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/07/19

SSH東海フェスタ参加(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 名城大学で行われた「SSH東海地区フェスタ2014」において、2つの課題研究のポスター発表をしました。3年生の西村さん、平井さんたちの「染色の変化」と、有馬君、木川君、杉山君たちの「飛行機を遠くに飛ばす方法について」です。
 また、科学探究科の1年生全員が参加し、他校のプレゼン発表、ポスター発表を見学し、今後の発表の参考にします。

発表した生徒たちなかなかの盛況ぶり質問にも、ていねいに対応

21:05 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/07/10

フィールドワーク事前学習(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡大学理学部の石橋先生を講師に迎え、8月に実施するフィールドワークの事前学習を行いました。
 スライドを使って、富士山の生い立ちを詳しく説明し、その後、噴火のことやそれに伴う災害についても教えていただきました。
 石橋先生はとても気さくな先生で、多くの質問が出ましたが、それにも丁寧に答えていただきました。8月のフィールドワークには、石橋先生も同行していただくことになっています。

石橋先生スライドを使っての講義真剣にメモをとる生徒たち

18:32 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/06/27

「探究プログラムⅠ」(ダンゴムシ)ポスター発表(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 ダンゴムシの探究は、今日がポスター発表でした。
 物理室と生物室に分かれ発表を行いました。先生はもちろんですが、クラスメイトからもかなり質問が出されていました。また、途中から3年生が加わり、1年生はかなり緊張気味でした。


20:34 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2014/06/25

SECⅠ(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 学校設定科目である「SECⅠ」(Science English Communication Ⅰ)の授業で、外国の先生方を囲んで、Show & Tellを行いました。
 小グループ内で発表を行い、その中から選ばれた生徒が全員の前で発表しました。文化祭のあとだったこともあり、「クラスTシャツ」やクラスでつくった「ひな壇」についての話が多かったようです。


19:25 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/06/19

「探究プログラムⅠ」(ダンゴムシ Part2)(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 ダンゴムシの探究は、グループで設定した仮説をもとにした検証実験に入りました。
 検証実験は、多くのグループが放課後なども使い進められており、結果が楽しみです。
 なお、今回の探究活動については、27日にポスター発表で行います。



19:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/06/14

静岡大学出張授業(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡大学理学部の近藤先生をお招きして、出張講義&実験を行いました。
 テーマは、「水中のカルシウム分の分析」で、キレート滴定でカルシウムの量を測定します。
 始めに、今回のテーマに沿った講義が行われました。そして、実験ノートや実験レポートの書き方などについても教えていただきました。
 その後、学校の水道水中のカルシウム量の滴定を行いました。また、先生が用意していただいた、カルシウムを溶かした試料水を用いて、マイクロピペットで取った試料水の量と滴定量との関係を求めました。理論的には比例するはずですが…。
 生徒たちは、滴定の実験そのものが初めてでしたが、何回も行っていると徐々に慣れてきた様子で、手早く実験をすることができました。
 最後に、「英語の重要性」についてのお話もしていただきました。


15:49 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/06/04

探究プログラムⅠ(ダンゴムシ)(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今日からダンゴムシの探究活動を行います。
 校庭で採取したダンゴムシを題材に、ダンゴムシの習性について学びます。
 今回は、スケッチと交替性転向反応を確認する実験を行いました。
 自分たちでつくった迷路を使っての実験でしたが、その健気なようすを見ていると、ダンゴムシに愛着が湧いてきます。

校庭でダンゴムシを採取担当の先生と実験について話し合いダンゴムシのスケッチ 
迷路の作成と実験の様子 迷惑に思っているかもしれませんネ実験結果の発表

18:45 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/05/29

探究プログラムⅠ(レゴ競技会)(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本日は、レゴの競技会を行いました。
 事前に提示した3つの課題について、それぞれのグループが競技を行い、優秀なグループには、賞状と豪華?商品のプレゼントが渡されるため、みんな真剣に取り組んでいました。

課題1に挑むグループ前の車に衝突せずに走行課題2に挑むグループ
 課題3の障害物障害をクリアした後に車庫入れ表彰式

課題2の動画.wmv
18:06 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/05/26

レゴに夢中?(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 29日の競技会に向け、連日、放課後遅くまでレゴに取り組んでいます。
 日を追うごとに進化を続けるプログラムやロボットの姿に、大会当日が楽しみです。


19:44 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/05/22

探究プログラムⅠ(レゴPart2)(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 レゴを使った探求プログラムⅠの第3回目です。
 前回提示された課題をクリアするためのロボットを作製しました。
 1回の試作品ではうまくいきません。何回も試行錯誤を繰り返しながら徐々に完成させていきます。
 課題は次の3つです。各班は、くじ引きで決定した1つの課題に挑んでいます。

課題1:前方を走行する自動車に、衝突せずについていく。ただし、前方の車は、①一定の速さ、②不規則な速さ、③急停止がある、など、3つの走行に対応する。
課題2:できるだけ遠くにピンポン玉を飛ばす。
課題3:決められたコースを走行するが、途中で障害物が2か所ある。また、車庫入れにも挑戦する。

 次回はいよいよ競技会です。上位の班には豪華賞品?が贈られます。

課題2の試作品
試走する(課題3)校長先生と作戦会議?

19:28 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/05/16

静岡科学館る・く・るの研修(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡科学館で「サイエンスコミュニケーション」の研修をしました。
 長澤館長のお話の後、「みる・きく・さわるのふしぎ展」の企画展を利用して、科学を子供に伝えることを学びました。
 また、生物多様性を題材にしたディスカッションを行いました。人の意見を聞き、自分の意見も主張することの大切さ,、意見の根拠を述べる難しさなどを知ることができました。

 
 長澤館長のお話メモをとる生徒たち 1人が子供となって質問 
 子供に科学を伝えるのは難しい!ディスカッションで大切なことを学ぶ どんな意見が出たのかを発表 

20:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/05/08

探究プログラムⅠ(レゴ)(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今日から、レゴマインドストームを使った「探究プログラムⅠ」が始まりました。
 「探究プログラムⅠ」では、2年生で行われる課題研究(「探究プログラムⅡ」の中で実施)の基礎固めとして、課題解決の方法や仮説・検証の方法、報告書の作成、発表の仕方などを学びます。
 今回から5回(計10時間)にわたって、課題解決の方法とプログラミングについて学習します。予定は以下のとおりです。
 第1回:レゴマインドストームNXTの組立・プログラムの学習(本時)
 第2回:課題の提示とそれに応じたレゴの組立
 第3回:課題に応じたレゴの組立・試行・改良
 第4回:各課題ごとの競技大会
 第5回:まとめ、片付け
 今日は、2人1グループでレゴの組立とプログラムを学習しました。ブロックを配置し数値を設定するだけでプログラミングができてしまうので、生徒にとっては取り組みやすく、非常に分かりやすかったようです。

2人協力して組立を行う説明書と違う?外国製だから…部品が足りないかも? 
いよいよプログラム。割と簡単!  先生のほうが苦戦?基本形が完成1 

20:30 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/04/30

春の研修(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 科学探究科2年生は、春の研修として「小石川植物園」と「中央大学理工学部」に行ってきました。
 小石川植物園では、植物の色が雨の影響からかとても鮮やかでした。事前に調べた「ニュートンのりんごの木」や「メンデルの蒲萄」などを見て回りました。早い時間のためか、園内は人影もまばらでとても落ち着いた雰囲気で研修できました。
 また、中央大学理工学部では、本校OBの大石教授の講義を受けました。先生の研究分野のお話はもちろん、高校生時代のお話も実に興味深く聞くことができました。その後、大学院の方の案内で、研究室の案内をしていただきました。


21:16 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/04/30

東京大学研修(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 科学探究科1年生恒例の、東京大学での研修に行ってきました。
 あいにくの雨模様でしたが、充実した研修となりました。
 午前中は本郷キャンパスの見学です。有名な赤門や安田講堂など、いろいろと見て回りました。昼食は安田講堂下の学食ですませ、お土産も買いました。
 午後は駒場にある生産技術研究所で、川越先生の講義を受けました。テーマは「超新星爆発-ニュートリノで探る星の最後×科学技術コミュニケーション」です。先生の自己紹介から始まり、研究分野の天文学のお話、そして、これからの科学・技術コミュニケーションのあり方について、分かりやすく丁寧に教えていただきました。
 予定より遅れて到着したため、あまり質問の時間は取れませんでしたが、生徒の質問した内容に先生は大変驚かれていました。「実に良い質問であり、宇宙に対してかなり興味を持っている生徒がいることが分かった」とおっしゃっていました。
静岡駅に集合 
新幹線にて①
新幹線して②
赤門
赤門前でピース
安田講堂
本郷キャンパスを散策
川越先生
分かりやすい講義でした
みんな真剣に聞いていました
 素朴な質問ほど難しい
もっと質問したいが時間が… 

追伸
 予約していた帰りの新幹線に、なんと3分前に到着しました。みんなで、渋谷駅と東京駅を走って移動しました。実にスリリングな研修でした!
20:33 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/04/26

SSH研究開発実施報告会&課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 昨年度1年間で実施したSSHの活動の報告会を実施しました。また、その後には「課題研究」の発表会も合わせて行いました。

校長先生のあいさつSSH担当者による研究概要の説明 生徒による年間の活動報告
探究プログラムの事例発表 静岡県立大学の研修発表静岡大学の研修発表
 SECでのShow&Tell科学部の活動 運営指導委員 木苗様の講評
運営指導委員 近藤様の講評 運営指導委員 長澤様の講評 「課題研究」のポスター発表

 運営指導委員の皆様を始め、近隣のSSH校の先生方、中学生や保護者の皆様が熱心に本校生徒の発表に耳を傾けていただき、本当にありがとうございました。今年度は、1年間を通じて見えてきた課題を一つずつ解決しながら取り組んでいきたいと思います。
17:03 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/04/25

メモの取り方(科探科1年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 これから始まる「CDプログラム」などの研修で、講義を聞いたり、見学に行ったりしたしたときに必要な「メモの取り方」について学習しました。
 最近話題になった記者会見を題材に、メモを取るポイントや工夫について学びました。
 今後の研修に役立つことを期待します。

記者会見を題材にメモを取る話のポイントを抑える!後で見ても分かるように!

17:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 今日の出来事
2014/04/22

山中伸弥教授の講演会(科探科2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今日は、静岡県、静岡県教育委員会、静岡県立大学が主催する「山中伸弥教授講演会」を聴きました。山中教授は、平成23年にiPS細胞でノーベル賞を受賞しています。
 講演のテーマは「iPS細胞の発見から医療への展開と未来を担う若者へのメッセージ」です。
 学生時代や研究者になってからのエピソードを交えながら、iPS細胞発見までを、そして、iPS細部の今後の目標(Vision)について、最後に、若者へのメーッセージをお話されました。特に、メッセージには3つの言葉を上げました。
1 VW=Vision と hard Work
2 感謝
3 レジリエンス
*「レジリエンス」(resilience)とは、辞書によると「復元力、回復力、弾力」などと訳され、最近は特に「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」という意味だそうです。
 先生によると、日本人はVisionが足りないそうです。また、若い時に外国に行くことも大切だということでした。
 先生の人間性でしょうか、非常に温和な口調で、分かりやすく心に響く講演となりました。実に貴重な講演を聞いた思いです。
 なお、本校科学探究科2年生の諏訪君が、先生に「いわゆる山中因子(iPS細胞に関与する遺伝子で、当初は4つ、現在では6つあります)をどのように絞っていったのか」という質問をしました。先生によると約3万ある遺伝子の中で、考えられる遺伝子はそれほど存在しないと分かっていて、その中から、24個に絞って、実験を行ったそうです。それでも、最後に選んだ24個目の遺伝子が一番重要だったそうで、これを選択したことは運が良かったとのことでした。

 *なお、講演会は撮影が禁止されていましたので、写真はありません。
18:57 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 今日の出来事

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。