日誌

野球部
123
2021/02/16

<野球部>ドリパワキャンプ2021と春季大会抽選

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
2月11日(木・祝)、ドリームパワーキャンプ2021に参加しました。
ドリパワキャンプとは、中学・高校運動部員、指導者、保護者を対象とした異種目合同メンタルセミナーです。今年は、コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となり、本校視聴覚ホールにて選手、指導者、そして保護者も参加しました。

このセミナーでは、ただ講義を聴くだけではなく、実際に選手それぞれがペアワークやグループワークなどの活動を通して、全身で自分をコントロールする術を学びます。今回は、チームメイト同士で個人、そしてチームの目標を共有しました。選手たちは皆、積極的にコミュニケーションを取り合い、自分たちの目標を明確にするとともに、これからの行動についても考えました。2年生は昨年から引き続きの受講でしたが、初めて受講した1年生とともに、多くの学びを得ることができました。

さっそく、その後の練習では積極的に声を出し行動する姿があり、メンタルトレーニングの成果が見られました。引き続き、今回の学びをグラウンドで体現していきます。

また、来月に開催予定の春季中部大会の抽選が行われ、
本校は3月21日に東海大翔洋と対戦することが決まりました。
昨秋の市内大会で負けた悔しさをバネに、今回こそ勝利をつかみとろうと日々の練習により一層熱が入っています。
応援よろしくお願いします。


10:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/02/03

<野球部>第2回チームビルディング研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

 1月30()、本校2階中講義室にて第2回チームビルディング研修会を行いました。今年は冬トレーニング期間に、体力面だけでなくチームとしてより良い集団になるべく、3回に分けて研修を受けています。講師は、本校の教員でありチームビルディングファシリテーターの資格を持つ辻陽介先生です。

 この研修はただ知識を学ぶだけでなく、様々なグループワークを通して現在チームとして抱えている問題・課題を見つけ、解決策を模索します。今回は「関係性を変容させる」というテーマで研修を行いました。4人組のグループに分かれ、9つの点を一筆書きで結ぶ、グループで一本の棒やフラフープを指から離さないように動かすなど、頭と身体をフル回転させながら真剣に研修に取り組みました。まず、一筆書きのワークでは日常でとらわれている「枠」について考えました。我々は無意識のうちに常識の枠にとらわれています。その枠を打ち破ることで、新たな可能性が広がることを学びました。次に、グループで棒やフラフープを移動させる活動では集団で共通理解を得ることの難しさに直面しました。一人で行うことが簡単なタスクも、集団で行行うと難易度が上がります。この活動を通して、チームとして一致団結して行動するには常に他人に気を配り、お互いに声をかけ続けることの重要性を実感しました。

 今回の学びは、グラウンドの上ですぐに役立てることができるものばかりでした。球春の到来まであと少しです。体力だけでなく、チームワークも向上した市高野球部にご期待ください。


14:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/26

<野球部>第3回大学野球オータムフレッシュリーグ in 静岡 対立教大学

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 11月22日(日)に、フレッシュオータムリーグで東京6大学リーグの強豪、立教大学(1・2年生)と対戦しました。

 試合は緊迫した投手戦となりました。今秋後半戦、急成長してチームの大黒柱に成長したエース石川が、強力な大学生の打線を粘り強く抑えました。変化球を巧みに操る石川の持ち味を存分に発揮し、7回2/3を2点で抑える見事なピッチングでした。最後には、ケガから復帰した丸山も登板し、復調をアピールすることができました。

 攻撃では、チャンスで1年生相模がスクイズを決め、貴重な得点を挙げることができました。その後もチャンスは何度か作りましたが、大学生ピッチャーの前にあと1本が出ず逆転することができませんでした。

 今回、レベルの高い大学生と互角に戦えたことはとても良い刺激になるとともに、秋の大会の敗戦からチームが大きく成長できたという自信にもなりました。今秋の公式戦では思うような結果が得られず、とても悔しい思いをしました。しかし、その悔しさをバネに、その後の練習を通してチームは成長し、シーズン終盤の練習試合では大きく勝ち越すことができました。今シーズンの対外試合はこれが最後となり、これからは、厳しい冬のトレーニング期間となります。来春、そして夏に最高の結果を残せるよう、一生懸命トレーニングに励みます。引き続き、応援よろしくお願いします。


09:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/10/27

<野球部>第17回静岡市高等学校野球大会 1回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

 1024日(土)に清水庵原球場にて東海大翔洋高校と対戦しました。序盤は互いに得点するものの、最少失点で切り抜ける緊迫した試合展開となりました。本校野球部は石川、近藤雅、宮下の継投で試合を組み立てましたが、中盤に失点が重なり2対6で惜しくも敗退となりました。

 今大会は選手家族に加え、野球部OB、後援会の方々も球場まで応援にかけつけてくださいました。結果で応えることができませんでしたが、力強い声援は選手たちの励みになりました。引き続き、応援をよろしくお願いします。

ナイスプレースタンドの家族、OB、後援会の応援


18:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/08/03

<野球部>2020夏季静岡県高校野球大会 準々決勝

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

 8月1日(土)に清水庵原球場にて、駿河総合高校と対戦しました。初回に、5番中島のタイムリーヒットで先制するも、3回には同点に追いつかれる緊迫した試合となりました。お互いにチャンスを作りながらも、あと1本が出ず、試合はタイブレークの延長戦となりました。本校は、8回表にスクイズなどの小技を絡め、3点を先取しました。しかし、その裏に、駿河総合高校の粘りに屈し、惜しくも4対5で敗れました。

 甲子園が夢と消えた今大会でしたが、静岡市立高校野球部は最後まで「高校野球」をやり抜き、ベスト8という成績を収めることができました。応援していただきました皆様には、感謝申し上げます。ありがとうございました。


14:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/28

<野球部>12点コールド勝ち 4回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 7月24日(金)に清水庵原球場の第二試合で沼津市立高校と対戦しました。本校は11安打で12得点と猛打が爆発し、5回コールド勝ちをしました。初回の2点本塁打でチームを勢いづけたキャプテンは、試合終了後にホームランボールを持った姿で静岡朝日テレビのアナウンサーから取材されていました。







19:09 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/07/28

<野球部>東海大翔洋に競り勝つ 3回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 7月23日(木)に清水庵原球場の第二試合で東海大翔洋高校と対戦しました。本校は延長9回無死一、二塁から始まるタイブレークで、バッテリーエラーに乗じて勝ち越しました。その裏の守りは、犠打と申告敬遠で1死満塁となり、内野陣が併殺に仕留めて4対3で競り勝ちました。














18:19 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/07/20

<野球部>2020夏季静岡県高校野球大会 2回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

7月18()愛鷹球場にて、伊東商業高校と対戦しました。前日から降り続いた雨の影響もあり、試合開始が予定より約3時間遅れ、1555分プレイボールとなりました。

1回表、四球から広がった2死満塁のチャンスで6番吉田がレフト前にタイムリーヒット。相手のエラーも絡んで一挙3点を先制しました。1回裏に2失点したものの、続く2回にも相手投手が制球に苦しむ間に、着実に追加点を挙げ、序盤から本校のペースで進みました。その後は、お互いに譲らない展開が続きました。最終回はお互いに3点ずつ取り合い、両チームの気迫あふれる夏の大会らしい試合となりました。

次戦は7月23日(木)清水庵原球場にて、強豪の東海大静岡翔洋高校と対戦します。引き続き、静岡市立高校野球部に熱い声援をお願いします。(その後の試合日程・対戦カード等の詳細は静岡県高校野球連盟ホームページにてご確認ください。)

※今大会はコロナ対策のため、一般の方の球場への入場はできません。ご理解、ご協力をお願いします。


18:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/07/13

<野球部>2020夏季静岡県高校野球大会 1回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

7月11()に清水庵原球場にて、常葉橘と対戦しました。初回、常葉橘に先制され、追う立場の苦しい展開で試合は始まりましたが、先発投手望月はすぐに立ち直り、試合は相手好投手との息詰まる投手戦となりました。なかなか相手の好投手を打ち崩せず、攻めあぐねていましたが、6回、均衡を破ったのは3年生中島でした。2アウトから2者連続四球で巡ってきたチャンスで、狙い球の直球をフルスイング。打球は右中間を抜けるタイムリーツーベースヒット。一塁ランナー八木の激走もあり、一気に2点を挙げて逆転に成功しました。終わってみれば、先発望月が2安打1失点の好投で試合をまとめ、見事2対1で勝利を手にしました。

 コロナ禍による休校、部活動休止から目標にしていた甲子園の道を断たれた高校球児たち。それでも、「高校野球をやり抜く」という強い気持ちで一致団結した市高野球部の見事な逆転劇でした。

 2回戦は718()、愛鷹球場にて13時から伊東商業と対戦します。応援をよろしくお願いします。(2回戦勝利の場合、3回戦は19(日)11時から清水庵原球場にて科学技術と東海大静岡翔洋の勝者と対戦します。)

※今大会はコロナ対策のため、一般の方の球場への入場はできません。ご理解、ご協力をお願いします。


厚い雲に覆われ、時折強い雨が降り注ぐ中、試合は行われました市高校歌が球場に響き渡りました互いに2安打ずつの緊迫した好ゲームでした
17:14 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/07/09

<野球部>鶴の贈呈式

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

7月5日(日)に、父母会による夏季高校野球大会へ向けた「鶴の贈呈式」が行われました。その中では、保護者からの千羽鶴に加え、マネージャーからも「超戦」というデザインの素晴らしい千羽鶴が選手に手渡されました。また、市高OB有志によるメッセージ入りの応援旗も贈呈されました。この贈呈式で、初戦に向けてチームの士気も一層高まりました。1回戦は7月11日(土)10時、清水庵原球場で常葉橘と対戦します。応援よろしくお願いします。(今大会はコロナ対策のため、一般の方の球場への入場はできません。)


08:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。
 

お知らせ

定時制課程 閉課程に寄せて
回答フォーム(下記URLをクリックしてご回答ください)