日誌

応援団
1234
2020/11/01

<応援部>三校合同練習成果発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 科学技術高校、常葉大学附属橘高校との合同練習および練習成果発表会を本校で行いました。技術練習、体力練習を行った後、各高校15分程度の演舞を行い、見ている側も巻き込んで相互に応援しあいました。練習の最後に簡単な座談会を行い、他校の普段の練習内容についてや、技術や形について質問し、お互いのことを知り親交を深めました。三校顔を合わせるのは久しぶりでしたが、自校の良いところや改善点を多角的に捉えるよい機会となりました。12月に再び合同練習成果発表会を行うことも決まり、約一ヶ月間、さらに心身を鍛えていきます。

21:50 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/10/24

<応援部>合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
常葉大学付属橘高等学校との定期合同練習を10カ月ぶりに実施しました。
夏の野球応援の中止で互いの活動状況が分からないまま臨んだ練習でした。しかし、これまでの練習の成果を確認し合うとともに、相互に指導することで、不安を払拭する熱い練習を行うことができました。
来月には科学技術高校を交えての合同練習・発表会が控えています。今回の練習を糧に工夫と努力を重ね、さらに成長した姿を常葉橘高の応援部の皆さんに見せられたらと思います。


22:55 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/08/12

<応援部>合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 例年、他校の応援団と応援の方法や練習方法を学び合うために合同練習を頻繁に実施してきましたが、本年度は年度当初からの休校により合同練習を行ってきませんでした。いつかスタンドでの野球応援ができる状況が再びやってくることを想定し、科学技術高校と本年度初の合同練習を行い、6月より練習してきた応援練習の成果と課題を確認し合いました。
 本年度入部した一年生は、球場での応援を経験していませんが、生徒が集まってくれたスタンドを想定して練習をしてきたため、積極的な声掛けや励ましができていました。二年生も、後輩や科学技術高校の応援部員に向けて指示が出せており、広く見渡せるようになっていました。お互いの応援システムを経験し合うことも良い勉強になりました。
 秋季大会は無観客での開催が決定されていますが、いつかスタンドで野球部を応援することができることを祈り、今後も練習に邁進していきます。

15:18 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/07/24

<応援部>野球部応援

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本年度、夏の野球の大会が一般観客無しで開催されるため、現地で野球部を応援することができません。そのため、普段グラウンドで野球部が練習している横で応援をし、また、試合当日の朝も応援をして野球部を送り出すことにしました。
 試合前に、野球部と簡易的なものではありますが壮行会を行ないました。野球部への応援の気持ちを伝えることができ、また、野球部からは試合の抱負と応援団への感謝の言葉をいただきました。現地に行けなくとも精一杯の応援を届けたいです。

15:39 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/02/11

<応援部>常葉大学附属菊川高校での合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 野球部のオフシーズンである冬は、応援団にとっても地道に体力と技術を向上させる時期となります。今回は、昨年11月の練成会で親しくなった常葉大菊川高校応援部と合同練習を行いました。
 最近常葉大菊川高校では、本校の野球応援と同じく応援団が主体となって行う「東京六大学」系の応援を実践しており、夏の大会に向けて今まで以上に体力練習に取り組んでいるようです。練習中は終始励まし合い、練習後には和気あいあいと話し合うことができるほど親密な仲になり、共に応援に打ち込む仲間ができたことを実感しました。この合同練習はリーダー部員(男子部員)のみ参加したため、チアリーダー部員(女子部員)にもこの経験を伝え、応援部として成長していきたいです。

14:45 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/12/26

<応援部>四校 合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 静岡市立高校、科学技術高校、常葉橘高校、常葉菊川高校の4校応援団による合同練習を、科学技術高校練習場と周辺にある谷津山にて行いました。
 普段からトレーニングで谷津山登りをしている本校と科技高が中心となり、全員で励まし合いながら走って登りました。谷津山の頂上で、リーダー(男子)とチアリーダー(女子)に分かれて練習をしました。基本的な練習でも、形や動きが揃っているか、全力で動き、声を出せているかにこだわって練習をすることで、普段の何倍もきつく感じられました。また、普段と同じような練習メニューでも、厳しく指摘し合って全力でやることで、自然と仲間への励ましにも力が入り、たった半日の練習でも一体感を持って行うことができました。
 この半日の練習で技術や体力が鍛えられたなどと慢心することなく、普段からこういった練習ができていなかったと反省をし、これから気持ちを入れ替えて臨んでいきたいです。

09:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/11/04

<応援部>練成会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 県応援団連盟主催の練成会が常葉大菊川高校で行われ、普段の練習の成果を発表してきました。練成会での発表を目標に置かず、練成会を通して普段の練習を充実させ、今後の練習内容をより良いものにしていこうという目標の下に取り組んできました。
 そのため、普段の練習風景をそのまま会場に持っていこうということで、ステージ上でも仲間を励まし合い、練習内容に合わせた表情をすることを見せてきました。
 練成会後には他校からそういった姿が刺激になったという話を聞くことができ、自分たちが行ってきたこと、目指していくことに自信が持てました。また、他校からも全力でやりきること、しっかりセンターリーダーに合わせることなど、多くのことを学びました。今後、練習をより良いものにしていくことができそうです。今回、一緒に声を出した仲間と共に切磋琢磨し成長していきたいです。
 

10:39 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/10/06

<応援部>全国障害者スポーツ大会 結団式応援

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月6日、清水総合運動場体育館で、「第19回全国障害者スポーツ大会 静岡県・静岡市・浜松市選手団結団式」が行われ、本校と科学技術高校の応援部による壮行応援を行いました。
 前日は障害者スポーツ協会の皆さんとともに会場設営をし、当日は受け付け・誘導など様々な仕事をさせていただくことで、壮行会に至るまでの様々な準備も「応援」の一つなのだと実感しました。壮行応援では、例年になく選手の皆さんが手拍子や手を振りかざす動きをしてくれました。選手の皆さんの後押しができたのではないかと思います。

08:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/07/23

<応援部>野球応援 3回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 掛川球場にて3回戦 常葉大学附属菊川高校との試合が行われました。有志で駆けつけてくれた生徒40名と共に野球部を応援しました。昨年の優勝校との試合ということで、掛川球場をホームグラウンドにするべく応援をまとめ上げました。常に笑顔を絶やさず、どんなに苦しい状況でも「頑張ろう。もっと声を出そう」と声を掛け続け、集まった生徒もそれに全力で応えてくれました。
 結果は0対6で敗北してしまいましたが、野球部の全力プレーに対して、生徒・吹奏楽部も全力で応援をしてくれ、「苦しい仲間が苦しさに負けることなく頑張れるよう声を出す」応援というものを体現できたように感じます。
 本応援部は10数年前に正規部員がいなくなり長らく活動ができていませんでした。2年前、10数年ぶりに新入部員が入って新・応援部として再スタートし、この夏に3年生となった彼らは生徒や吹奏楽部、下級生部員をまとめるまでに成長しました。彼らの思い描いてきた「応援」が、この夏で形になりました。下級生部員には彼らの思いを受け継ぎ、来年の夏に向けて精進をしていってほしいです。

17:23 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/07/20

<応援部>野球応援 2回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 草薙球場で高校野球2回戦 小笠高校との試合が行われました。有志の生徒が100名ほど来場し、応援団・吹奏楽部と共に野球部を応援しました。
 応援に駆けつけた生徒は決して多くはありませんが、応援団が常に生徒の方を向いて声を掛け続け、全員が大きな声を出して球場全体に市高の応援が響き渡りました。
 3回戦は昨年の優勝校 常葉大学附属菊川高校と掛川球場で対戦します。アウェーでの試合ということで、野球・応援ともに負けられない試合ということで、今回得た課題を修正し、より良い応援ができるよう頑張ります。

16:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。
 

お知らせ

定時制課程 閉課程に寄せて
回答フォーム(下記URLをクリックしてご回答ください)