平成28年度SSHの活動

平成29年度
1234
2017/02/18

平成28年度 SSH報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
本校が今年1年間行なってきたSSHの取り組みを報告するとともに、研修の様子や生徒アンケートの結果等から見えてきた成果や課題について報告しました。

12:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/02/04

2年生 課題研究校内報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
2年生の課題研究報告会を、本校教職員・生徒に向けて実施しました。
生徒は1年間、自分でテーマ・仮説を立て、計画し、実験してきました。その最終報告をスライドを用いて14個の班が順番に発表していきました。
先生方だけでなく1年生や3年生からもたくさんの質問が出てきて、自分達の考えを説明していきました。
1年間の研究を振り返り、生徒達からは「成長できたと思う」「もう少し実験をしたかった」というコメントも出てきて、充実した研究だったことが伺えます。
今後は学んできたことを活かし、自身の進路選択やその後社会に出てからの様々な課題に立ち向かってほしいと思います。

10:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/01/31

英語プレゼン発表会(ビタミンC)

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 科学探究科では毎年1年次に、ミニ課題研究として取り組んできたビタミンCに関する研究結果について、英語でのプレゼン発表会を実施しています。

 今年度は1月28日(土)と2月4日(土)の2日間で実施しました。28日は土曜授業学校公開日と重なったため、生徒の保護者以外にも、中学生や一般の皆さんにも発表を聞いていただきました。4日は公開日ではありませんでしたが、保護者の皆さんに見学していただきました。二日間とも静岡大学の近藤教授をはじめ、多くのTAの方々にお越しいただき、活発な議論をしていただきました。

 生徒たちはこの日のために、担当の理科教員や英語教員、ALTの先生、TA(Teaching Assistant)の方々の指導の下、スライドや発表原稿を準備して来ました。また直前には何度もリハーサルを行い、原稿を読まなくても発表ができるまで練習を積んで来ました。

 発表をお聞きいただいた皆さん、いかがだったでしょうか。この発表会のように、他ではなかなかできない経験を積めるのが、科学探究科の特徴です。生徒たちも今回の経験を生かし、さらに自分を磨いていってほしいと思います。

《1月28日》
  
  
  
  
 

《2月4日》
  
  
  
  
 
19:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2017/01/07

講演会 「志を育てる ~科学・技術の探究~」

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

(株)ハル・インダストリ代表取締役の松浦令一氏にお越しいただき、「志を育てる ~科学・技術の探究~」と題した講演会を、18HRの生徒たちを対象に実施しました。

講演では、松浦さん自身の自己紹介から始まり、起業することになったきっかけや、ニオイに対する熱い思いなど、ご自身の体験を基に密度の濃いお話をしていただきました。簡単には手が届かないところに目標を据えて頑張ることや、人との出会いや繋がりを大切にすることなど、これから高校生活を送る上で参考になるお話を聞けたと思います。

終始和やかなムードの中で、生徒たちも熱心に話を聞き、質問タイムには多くの質問が出ました。2年次に取り組む課題研究に向けて、大いに刺激を受けた生徒もいたことと思います。

講演会の様子  質疑応答
14:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2016/12/11

科学探究科2年生 海外科学研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
4つの研修地をまわった4泊6日の海外科学研修が終了し、日本に帰ってきました。
1年生の時から「海外科学研修は、楽しんでくるだけの観光旅行とは違う。何かを感じ、学んでくるための研修だ」とずっと言われてきましたが、その意味が理解できたのではないでしょうか。どの生徒も、帰りのバスの中で充実感に満たされた表情をしていました。

研修中、ずっとお世話になったガイドさん、運転手さんから別れ際にお話をいただきました。
「日本人は、挨拶をしてくれない人、ガイドさんが説明しているとき騒いだりして聞いてくれない人がとても多い。でも静岡市立高校の皆さんは、しっかりと挨拶をし、説明もしっかり聞いてくれて、とても気持ちのいい子達だと思いました」と褒めてくださり、本当に嬉しく、そして生徒達を誇らしく思いました。この子達の良いところを、これからもずっと大切にしてほしいと思います。

研修を通して
海外科学研修の目的、各生徒が自ら設定した目的は達成されたでしょうか。今回の研修をレポート・小論文にまとめて提出します。生徒達がどのようなことを書いてくるのか、とても楽しみです。
沢山の事前研修を行なった上で海外科学研修に行ってきましたが、行くことが目的ではなく、そこで学んだことを活かして成長していくことがこの研修の目的です。今後は事後研修で研修の振り返りをし、将来にどう活かしていくかを考え、生徒の成長につなげていきたいです。
 

17:12 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2016/12/09

科学探究科2年生 海外科学研修4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
本日はスタンフォード大学での研修でした。
午前中はスタンフォード大学の日本人学生に協力いただき、8班に分かれてキャンパスツアーをしました。研究室を紹介していただいたり、スタンフォード大学内の教会やHoover Tower、美術館やブックストア等、様々なところへ連れて行ってもらいました。
東京の杉並区と同じ面積ということで、その広さと建物の大きさ、美しさに驚きました。
午後は再生医療の権威フィリップ・ヤン先生による講義と、シリコンバレーの企業家・桝本氏による講演が行われました。
フィリップ・ヤン先生は日本語も堪能だということで、難しいところで日本語による説明をはさみながら英語で説明して下さりました。説明の最中、生徒からは積極的に質問が挙がり、果敢にも英語での質問にチャレンジする子もいました。桝本氏の講演は、積極性や好奇心、自分の考えを持つことの大切さをお話いただき、その熱い話し方と、時折入れる笑い話とで生徒をどんどんと引き込んでいきました。今回の講演を聞いて、生徒も「何かにチャレンジしてみよう」と思えたのではないでしょうか。
その後、研究者によるラボツアーも行っていただき、充実した一日となりました。今回の研修に御協力いただいた沢山の方々に、心よりお礼申し上げます。

10:52 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/12/08

科学探究科2年生 海外科学研修3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
海外科学研修の3日目は、アメリカのヨセミテ国立公園でフィールドワークを行いました。
午前中はあいにくの雨となってしまい、有名なトンネルビューからの景色は見られませんでした。しかしヨセミテビジターセンターでヨセミテに関する様々な展示を見ながら、地形の形成や岩石の説明を聞いて知識を深めました。また、レッドウッドの森の中をガイドの説明を聞きながら散策しました。
午後は天気も回復し、周辺の散策をしました。先日の雪が残り、霧がかかる中、周囲に何百メートルもある岩石の壁がそびえ立つのが見え、自分達が大昔に形成されたU字谷の中を歩いていると実感しました。山のように大きなHalf DomeやEl Capitanといった巨岩も見え、とても神秘的で壮大な景色が広がっていました。
世界自然遺産に登録されているヨセミテ国立公園で一日を過ごし、自然の雄大さや自然を守ること・学ぶことについて考えさせられました。見る物全てが大きく、自分達がちっぽけであると感じられました。自然を学ぶ科学探究科の生徒たちにとって、かけがえのない経験になったと思います。
明日は海外科学研修最後の研修であるスタンフォード大学での研修です。今日感じたことを胸に、少しでも充実した研修になるよう気を引き締めて行ってきます。

11:34 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/12/07

科学探究科2年生 海外科学研修2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
海外科学研修2日目は、旧清水市と姉妹都市提携しているストックトン市のリンカーンハイスクールで、現地の高校生と1日交流を行いました。本校生徒一人につき現地高校生一人がペアとなります。生徒によっては事前にメール等で連絡を取り合っている子もいましたが、対面する直前まで会ったことのない現地の高校生徒との出会いに緊張していました。
アメリカでは、高校生は自分に必要な授業を自分で選んで受講しているため、皆別々の授業を受けに行きます。そのため、生徒はペアの子と2人だけで1~7時間目の授業を受け、英語での交流を行いました。
また、1日の中で1回、授業の中で「課題研究」の内容を英語で発表する時間をいただくことができ、生徒は知らない現地の高校生たちの前でパワーポイントによる発表を行いました。発表後にはたくさんの質問が寄せられ、英語で回答していきました。とても緊張していましたが、どの生徒も練習の成果を活かして発表することができました。
1日の交流を通して生徒はペアとの親睦を深め、最後は別れを惜しんでバスに乗り、リンカーンハイスクールを後にしました。この研修を通し、英語でのコミュニケーション力を伸ばし、国際的な視野を育めただけでなく、かけがえのない友人もできました。

09:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/12/06

科学探究科2年生 海外科学研修1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
1日目の研修は、カリフォルニア科学アカデミーで研修を行いました。
空港から向かう途中、スーパーマーケット「Whole Foods Market」に寄って昼食を購入しました。オーガニック・フード、ベジタリアン・フードが豊富なことで有名なお店で、生徒は現地で初めての買い物を楽しみました。
カリフォルニア科学アカデミーは、様々なテーマを持ったエリアの展示を自由に見学して回りました。例えばアクアリウムエリアでは、普段目にすることができない水生生物を見ることができ、熱帯雨林エリアでは蝶や鳥が目の前を飛び交い、その中で熱帯雨林に住む珍しい生き物を見ることができました。
展示の仕方がとても工夫され、展示説明も短く分かりやすい文章で書かれており、どのようにすれば見る人に伝えられるのか、興味を持ってもらえるのか、その工夫を学べたと思います。
明日からの研修では、英語での会話や説明がさらに増えていきます。科学的知見を広めるだけでなく、英語でのコミュニケーション能力も高めていきたいです。

23:01 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2016/12/06

科学探究科2年生 海外科学研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
科学探究科2年生の39名は、現在、アメリカ・サンフランシスコ周辺での科学研修を行なっています。12月6日16:30に羽田空港を出発し、無事12月6日8:45(現地時刻)にサンフランシスコ空港に到着しました。
これから一日目の研修地・カリフォルニア科学アカデミーに向かいます。展示の見学やスタッフの説明を聞くことで、自然科学分野に関する知見を深めます。また、静岡科学館る・く・るでの科学コミュニケーターとしての経験を関連させ、科学啓蒙等の科学博物館が果たす役割を考えます。
現地では12月6日は始まったばかりです。たくさんの経験をしてきます。

  
 3年生科学探究科生徒が見送りました。

15:29 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
1234

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。