平成29年度SSH活動

平成29年度SSH活動
1234
2018/03/25

FSS受講生研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
FSS(Future Scientists' School 未来の科学者養成スクール)事業に参加した生徒たちの研究発表会が実施されました。
FSSとは、「科学者やエンジニアとして将来活躍し、様々な社会の課題解決に貢献したいと考える高校生のための特別なプログラム」で、科学者に求められる基本的な手法や様々な学術分野の力をつなげて進められつつある研究について学び、大学の研究室に入って、自分の研究テーマを進め、発表したりします。平成29年度は、県内を中心に30組42名の高校生が対象になりました。
本校の科学探究科3名は静岡大学の全面的な協力を得てこのプログラムに参加し、今回の発表となりました。
2年生(1名)の研究テーマ「歩いて発電、圧電素子」
1年生(2名)の研究テーマ「BR反応における新しい振動」




15:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事
2018/03/10

静岡県理数科課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 平成30年3月10日(土)に、静岡県産業経済会館に於いて静岡県理数科課題研究発表会が行われました。静岡県下には理数科設置高校が12あり、各高校での校内発表会を経て選ばれた合計12グループが、それぞれの研究成果を発表しました。
 本校からは、「フィボナッチ数列の周期性」をテーマに課題研究に取り組んだ2年科学探究科生徒4名が、1年間の取り組みの成果を発表しました。

10:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/18

山﨑賞

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 第34回(平成29年度)山﨑賞を受賞しました。

  「口に入れても安全なシャボン玉を作る」
      科学探究科3年:金野ひづな 佐々木佑花

 山﨑賞は、静岡県内の国・公・私立の小・中・高等学校、特別支援学校で自然科学の研究に優れた成果をあげている児童・生徒(個人又はグル-プ)に贈られます。今年度の児童・生徒の部には、県内の高等学校から60件の応募があり、25件が受賞しました。



09:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/05

課題研究校内発表会(2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 2月5日(土)午後,本校視聴覚ホールにて,科学探究科2年生による課題研究発表会を開催しました。科探科2年生が1年間をかけて実験や研究を積み重ねてきた成果について,8分間のプレゼンテーションにまとめて報告をしました。当日は静岡大学の近藤先生,静岡県立大学の谷先生にもお越しいただき,またビタミンCに関する英語プレゼンテーションを終えたばかりの1年生にも参加しました。どの班の発表に対しても,時間ギリギリまで活発な質疑応答がなされ,大いに盛り上がった発表会でした。
 また本発表会にて高評価を得た班の研究には,2月13日に本校視聴覚ホールにて開催されるSSH研究成果発表会をはじめ,様々な報告会にて発表を行っていく予定です。

 
    炎色反応に関する研究           お茶の抗酸化作用
  
      水車に関する研究            コンクリートを硬くする
 
  梨の酵素が石鹸に与える影響      フィボナッチ数列とペル数列
 
    静岡大学 近藤先生             生徒からの質問風景
  
   米ぬか酵素に関する研究      魚が摂取するマイクロプラスチック
 
      色素増感太陽電池         フィボナッチ素数に関する研究
 
     圧電素子による発電           薬を飲みやすくするには

    静岡県立大学 谷先生
12:23 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/02/04

科学探究科1年生・ミニ課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 科学探究科1年生は「探究プログラム」および「Science English Communication 1」授業内において、2学期よりビタミンCについてのミニ課題研究を行っていますが、その研究成果発表会が1月27日と2月3日の両日にかけて本校視聴覚ホールにて行われました。

 この研究では、二人一組のペアで「ビタミンCはどのような条件下で減少するか」等について実験や観察を重ね、それらの結果をスライドにまとめました。なお、スライドおよび発表に使用する言語はすべて英語です。





 各ペアとも、ビタミンCは「温度によって減少する」「酸素に触れると減少する」などの仮説を立て、それに基づいた実験の経過や結果などについて述べました。

 この日のために実験結果をすべて英語でまとめ、推敲を重ね、読みの練習を行うなどして本番に臨みました。彼らが中学校を卒業してまだ1年足らずのこの時期ですが、初級英語から一気にステップアップして専門的な科学英語の世界に足を踏み入れて活動を行っている様子に、会場に参観に来られた保護者や中学生の皆さんからは驚きと感心の声が多く聞かれました。





 質疑応答も全て英語で行われました。一方的に発信するだけでなく、相互に意思疎通を図るコミュニケーション能力を育成することも科学英語の目標の一つです。



 また、英語プレゼンテーションや発表原稿の指導を行ってくださったTeaching Assistant(TA)の方々にもご来場いただき、プレゼンテーションに対する質問や評価を行っていただきました。TAの方々は、静岡大学や静岡県立大学の理系分野の研究室に留学しているアジア各国からの学生さんで、この1年間を通じて生徒の指導にあたっていただきました。



 まだまだ改善の余地があるとしても、わずかな期間でここまでの発表を成し遂げることが出来たことに、生徒のこの1年間での大きな成長ぶりを見ることが出来ました。また、生徒自身もやりきった様子が窺えました。これを自信として、来年の海外科学研修や、さらにその先の大学などにおける研究活動に繋がっていくことを期待したいと思います。
09:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/22

科学探究科1年生 ミニ課題研究(ビタミンC)ポスター発表

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

 11月25日(土)に、9月から実験を行ってきた「探究プログラムⅠ」 ミニ課題研究(ビタミンC)のポスター発表を行いました。
 土曜授業の一般公開日ということで、たくさんの来校者の方々に発表を見て頂くことができました。現在は1月27日(土)、2月3日(土)に行う英語での発表に向けて、各班プレゼンテーションの作成と英語発表の練習を行っています。

 

13:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/22

静岡県学生科学賞

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
第61回(平成29年度)静岡県学生科学賞を受賞しました。

 県科学教育振興委員会賞
  「アスコルビン酸の減少に与えるpHの影響」
      科学探究科3年:竹内・稲葉・柬理 

 これは、2年次の探究プログラムⅡで研究していたものです。22日、本校において改めて表彰されました。
 
11:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/16

サイエンス女子カフェ@山梨

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
山梨英和中学校・高等学校が主催する「サイエンス女子カフェ@山梨」が山梨県立図書館で開催され、科学探究科の女子2名が英語でポスター発表をしました。
また、山梨大学の研究室のポスター発表や、関東近郊の私立大学によるブースも設けられ、多くの方の来場がありました。
発表を聞いて下さった方々からは「上手に英語の発表ができていた。面白い研究なので今後もがんばってください。」などのお褒めのコメントと同時に、多くのアドバイスもいただき、生徒たちにとっては自信とともに今後の励みとなりました。

今回発表を行った2名の生徒
 
 
多くの質問やアドバイスを受ける生徒
大学のブースで説明を受ける生徒

20:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/08

2年生科学探究科 海外科学研修 最終日

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
12月8日(金)
15時30分ごろ、無事羽田空港に到着しました。
現在バスで学校へ向かっています。途中2回ほど休憩を取るので、19時前後の到着と思われます。

 
羽田空港からバスに乗ります。

全員元気です。
17:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/08

2年生科学探究科 海外科学研修 4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
12月7日(木) 現地では12月6日  
 研修最終日の今日は、スタンフォード大学にで研修を行いました。午前中はキャンパスツアーで広大な大学敷地を見学して回りました。その後6グループに別れ、日本からの留学生を囲んで昼食をとりました。午後はいよいよヤン先生の特別講義です。Stem cellExosomeに関する最新の研究動向について、時折日本語を織り混ぜなから話していただきました。市高生からも活発に質問がなされ、理解を深めることができました。午後の二つ目は、Google Xにお勤めの田内さんから、大学院留学、スタンフォード大学でのポスドク、現地での就職など、これまでの人生におけるターニンクボイントや、今感じていることなどについて話していただきました。非常に密度の濃い研修になったと思います。

  
明日はいよいよ日本に帰ります。最後まで気を抜かず、元気に帰れるようにしたいと思います。
 
スタンフォード大学にて
 



10:19 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。