令和2年度 SSH活動

令和2年度 SSH活動
2020/07/28

<科学探究科1年>CDプログラムⅠ 富士山フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
今年の富士山フィールドワークは、コロナ禍の影響を受け例年とコースを変えて実施しました。

(例年)1日目:富士山宝永火口、2日目:富士山周辺  

              ・・1泊2日

(今年)1日目:富士山周辺、2日目:伊豆東部火山群  

              ・・日帰り×2日

●7月21日(火) 事前研修

 静岡大学理学部地球科学科の石橋秀巳先生にお越しいただき、静岡の地質と静岡県の火山群について講義していただきました。事前講義の中で「伊豆」に触れるのは初めてのこと、生徒は火山の成り立ちだけでなく地質図の見方についても学び、石橋先生に多くの質問を投げかけながら理解を深めました。


●7月23日(木・祝) 富士山フィールドワーク1日目
 幸い雨には降られなかったものの、終日、富士山周辺は深い霧に覆われました。

<午前:西湖コウモリ穴>同行してくださった石橋先生とTAの学生さんのお話に耳を傾けながら溶岩洞窟を観察しました。疑問に思ったことをその場ですぐに質問する積極的な姿勢が見られました。


<午後:白糸の滝>観光地として有名ですが、地質学の視点を持って観察をすると、いつもとは全く違う景色に見えました。水の流れを観察し、溶岩でできた地層を自分の目で確かめ、なぜこのような滝ができたのかを肌で実感しました。

●7月24日(金・祝) 富士山フィールドワーク2日目
<午前:小室山>小室山に登り、大室山とその噴火で流れ出た溶岩でできた地形を観察する予定でした。しかし山頂に到着して程なく、またしても深い霧に覆われてしまいました。ゆっくりと地形を観察することはできず残念でしたが、小室山の噴火口を探したり、地形図を使って火山群について学びました。

<午後:城ケ崎海岸>大室山から海へ流れ出た溶岩を観察しました。実際に溶岩石を触ったり崖の様子を観察して、どのように溶岩が現在の地形を作り出したのか、理解を深めることができました。

10:39 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/06/27

<科学探究科1年>探究プログラムⅠ「ミニ課題研究:生物分野」

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
科学探究科、2020年度入学生の探究活動が始まりました。最初のプログラムは「ダンゴムシの行動」に関するミニ課題研究。休校期間中に各家庭で飼育、観察を続けたダンゴムシを持ち寄り、その行動について検証しました(5/26~6/27)。最後には成果をポスターにまとめ、セッション形式で発表しました。


17:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。