令和2年度 SSH活動

令和2年度 SSH活動
12
2020/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇12月4日(金)
研修最終日。九州を離れる寂しさがどことなく漂う中、2日間お世話になった屋久島環境文化研修センター、7000年の森で清掃活動を行いました。5日間の経験を胸に、静岡に帰ります。




編集 | 削除19:45

19:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

12月3日(木)屋久島
4コース9グループ(縄文杉コース、白谷雲水峡コース:太鼓岩,原生林,苔むす森)に分かれ、それぞれにガイドさんについていただいてフィールドワークを行いました。縄文杉コースでは往復20キロ10時間の登山を、白谷雲水狭コースでは苔むす森の中で神秘的な雰囲気を感じながら研修しました。


白谷雲水峡コース:苔むす森

白谷雲水峡コース:苔むす森

白谷雲水峡コース:原生林

白谷雲水峡コース:原生林

白谷雲水峡コース:太鼓岩

白谷雲水峡コース:太鼓岩

縄文杉コース

縄文杉コース

19:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇12日(水)霧島(霧島神水峡、国分城山公園)、桜島(有村溶岩展望所)

霧島神水峡では城ケ崎海岸でも見られる柱状節理を目の当たりにしました。自然の織り成す美しさを感じる一方で砂防への備えも目にし、火山とともに生きる厳しさも知りました。桜島では到着と同時に噴火が始まり、生きる大地を体感しました。


霧島神水峡

霧島神水峡

霧島から桜島を臨む

噴煙を上げる桜島

桜島ミュージアム
有村溶岩展望所

19:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
〇12月1日(火)阿蘇(草千里,中岳)、霧島(えびの高原)

伊豆ジオパークでのフィールドワーク(10/29実施)との関連性を随所に感じる1日でした。阿蘇、霧島(韓国岳・硫黄山)はいずれも火山ですが、成り立ちの違いで異なる表情を見せ、特に植生には大きな違いがありました。


阿蘇火山博物館

草千里から中岳を臨む

中岳

霧島 韓国岳・硫黄山

えびの高原エコミュージアム
霧島連山のジオラマを前に解説を聞く

18:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
〇11月30日(月)熊本城、阿蘇・大観峰
早朝に静岡駅を出発し、新幹線を乗り継いで6時間、熊本に到着しました。熊本城では復旧途中の姿から2016年の熊本地震の大きさを知り、大観峰では目前に広がるカルデラに終始圧倒されました。

熊本城

熊本城

大観峰

大観峰

18:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科1年>探究プログラムⅠ

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇ミニ課題研究(化学分野:ビタミンC)★ポスターセッション★11/21 
土曜公開授業日にあわせてポスターセッションを行いました。当日はSSH運営指導委員の皆様にもご来場いただき、様々な角度から質問を投げかけていただきました。セッション後には、先生方と研究内容や発表の様子について振り返る時間も持ちました。


12:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科1年>探究プログラムⅠ

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇ミニ課題研究(化学分野・ビタミンC)★ポスター・レポート作成★ 10/31,11/6
研究の成果をレポート、ポスターにまとめました。実験ノートをめくりながら結果を改めて振り返ると、新たに気づくことが多くありました。


11:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/15

<科学探究科1年>探究プログラムⅠ

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇ミニ課題研究(化学分野・ビタミンC)★研究実施★
「ビタミンC(アスコルビン酸)」をキーワードに、約2か月(9/1~10/27)
にわたってミニ課題研究に取り組みました。2人1組、全20グループに分かれ、アスコルビン酸の定量操作を伴う課題をそれぞれに設定して研究に臨みました。


11:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/14

<科学探究科1年>CDプログラムⅠ

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 10月29日(木)学校近くの谷津山(やつやま)で、谷津山再生協議会さんの全面御協力のもと、植生調査フィールドワークを実施しました。里山の環境保持について、コドラート法を用いた調査や竹の伐採体験を通じ、考える機会を得ました。
 体験を通し、環境保持には想像以上に人の手が必要だと実感することができ、また自然環境のありかたそのものについても、深く考えることができました。
手入地植生調査
放置竹林植生調査
竹伐採体験
玉切り・枝払い体験

10:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/28

<科学探究科1年>CDプログラムⅠ 富士山フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
今年の富士山フィールドワークは、コロナ禍の影響を受け例年とコースを変えて実施しました。

(例年)1日目:富士山宝永火口、2日目:富士山周辺 1泊2日

(今年)1日目:富士山周辺、2日目:伊豆東部火山群 日帰り×2日


●7月21日(火) 事前研修

 静岡大学理学部地球科学科の石橋秀巳先生にお越しいただき、静岡の地質と静岡県の火山群について講義していただきました。事前講義の中で「伊豆」に触れるのは初めてのこと、生徒は火山の成り立ちだけでなく地質図の見方についても学び、石橋先生に多くの質問を投げかけながら理解を深めました。


●7月23日(木・祝) 富士山フィールドワーク1日目
 幸い雨には降られなかったものの、終日、富士山周辺は深い霧に覆われました。

<午前:西湖コウモリ穴>同行してくださった石橋先生とTAの学生さんのお話に耳を傾けながら溶岩洞窟を観察しました。疑問に思ったことをその場ですぐに質問する積極的な姿勢が見られました。


<午後:白糸の滝>観光地として有名ですが、地質学の視点を持って観察をすると、いつもとは全く違う景色に見えました。水の流れを観察し、溶岩でできた地層を自分の目で確かめ、なぜこのような滝ができたのかを肌で実感しました。

●7月24日(金・祝) 富士山フィールドワーク2日目
<午前:小室山>小室山に登り、大室山とその噴火で流れ出た溶岩でできた地形を観察する予定でした。しかし山頂に到着して程なく、またしても深い霧に覆われてしまいました。ゆっくりと地形を観察することはできず残念でしたが、小室山の噴火口を探したり、地形図を使って火山群について学びました。


<午後:城ケ崎海岸>大室山から海へ流れ出た溶岩を観察しました。実際に溶岩石を触ったり崖の様子を観察して、どのように溶岩が現在の地形を作り出したのか、理解を深めることができました。

10:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。