令和3年度 SSH活動

令和3年度 SSH活動
123
2022/12/16

科学探究科2年生 九州フィールドワーク 5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
○12月16日(金) 研修5日目
いよいよ最終日です。朝食、部屋清掃の後、研修閉校式を行いました。センター長のお話の後、近隣の海岸清掃に向かいます。

一見するとゴミなど落ちていないように見える海岸ですが、丹念にさがすと様々なゴミが見つかりました。漁具関連のゴミに混ざって、生活由来のゴミが多く見つかりました。また椰子の実や材木など、自然の中で分解される過程で水生生物のすみかになったり、餌となったりするものは、回収しないで海に戻すとのことでした。
研修センターに戻ったあとは、昼食を食べて、いよいよ屋久島をあとにします。

屋久島空港

セントレアに無事到着しました。ここからは陸路で静岡に戻ります。今回学んだことをしっかりと胸に刻み、これからの人生に生かしてくれることを願います。

福岡空港出発

セントレア到着

バスに乗り換えて静岡へ

以上で九州フィールドワークの報告は終了です。

14:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/12/15

科学探究科2年生 九州フィールドワーク 4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
昨日からの続きです)
 19:40 無地に屋久島上陸

 20:15 研修センター入館
 
 20:30 夕食
 21:00オリエンテーション

 21:15~ 入浴
 22:00ころから部屋ごとに消灯


〇12月15日(木) 研修4日目
朝から4コースに分かれて研修に向かいます。

①縄文杉コース
朝四時に食堂に集合し朝食。その後バスに乗って登山口に向かいます。まだ日の出前なので周囲は真っ暗です。ヘッドライトを頼りに、トロッコ道を進みます。



徐々に明るくなってきました。周囲は木々に包まれ、谷底には清流が流れていました。400年ほど前に伐採されたウィルソン株の中に入ると、中央の穴がハート形に見えます。
  

小雨が降る中、縄文杉に到着しました。霧になかにそびえたつ縄文杉はとても神々しく見えました。気温は3℃。周囲には昨日の雪がうっすらと残っていました。
  

帰路に就く時には雨も上がり、屋久島の自然や巨大な屋久杉の姿を堪能しながら戻りました。


②白谷雲水峡(太鼓岩コース)
太鼓岩と呼ばれる花崗岩の大きな岩を見学に行ってきました。道中では屋久島の動植物について学びました。屋久島は湿度が高くて冷涼なため、雲霧林という林が形成され、特徴的な自然景観を作っています。

荷物を降ろして急坂を上ると巨大な太鼓岩がありました。太鼓岩は人が何人も乗れる大きさで、同行した8人で一緒に岩に乗って記念写真を撮りました。


③白谷雲水峡(原生林コース)
屋久島の原生林を見学に行ってきました。標高約800mのアップダウンの激しいコースで、木の根に足をとられたり、苔に足を滑らせたりと苦労して進みました。
    

谷をいくつも越えた先に杉の原生林が点在しており、杉の木の大きさに圧倒されました。
   



④白谷雲水峡(苔むす森コース)
 アニメ映画を彷彿とさせる屋久島の苔むす森に行ってきました。白谷雲水峡は水源の森百選にも選ばれた美しい峡谷です。


屋久島の自然について学びながら、目的地へと向かいます。
 

七本の杉が一本になって成長している七本杉がありました。その大きさに驚きです。


苔むす森では、苔の生態について学んだ後、お気に入りの苔を探して楽しみました。
 

そのほかにも、屋久島の水にはミネラル分が少ないことや、屋久杉と呼ばれるための条件など、屋久島について多く学ぶことができました。

 
 

17:16 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/12/14

科学探究科2年生 九州フィールドワーク 3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
〇12月14日(水) 研修3日目

3日目

今日の最初の研修地は、霧島神水峡です。霧島神宮のそばを流れる霧島川沿いに整備された遊歩道を歩きながら、柱状節理を観察したり、ここまでで学んだ火山活動と人々の生活や文化との関わりを、ガイドさんの解説を聞きながら学びました。
 
  


スタート時は小雨でしたが、徐々に晴れてきました。次の桜島はどうでしょうか。
  

桜島に到着。山間地から一転して海岸です。天気も大丈夫そう。バス内でお弁当をいただき、ビジターセンターに向かいます。映像や展示資料を用いて、桜島の火山の歴史や、火山と人々の生活の関係、火山が環境に及ぼす影響などを教えていただきました。
 

ビジターセンターの外に出て、100年前の噴火で流れ出た溶岩を観察しました。ここからは北岳と南岳の両方が見られます。



有村溶岩展望所にやってきました。ここでは南岳をバックに、100年前の溶岩、70年程前の溶岩、2000年以上前の溶岩を観察することができます。それぞれの特徴は・・・。「知識と情報があると景色が面白く見えてくる。」とは今回指導していただいた福島先生の言葉です。まさにその通りですね。

飛行機に乗り換え、いよいよ屋久島に移動します。フィールドワークも後半戦ですが、生徒たちの興味は尽きません。

と書いたところで、鹿児島発、屋久島行きの飛行機が、機材トラブルで引き返しちゃいました。どうなるのか科学探究科!


18:08 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/12/13

科学探究科2年生 九州フィールドワーク 2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
12月13日(火)研修2日目

朝一番の研修地は草千里です。濃霧のため、一時的に阿蘇火山博物館に入館。映像と実験で阿蘇カルデラの成り立ちについて学びました。小麦粉と風船を使った実験で見事にカルデラの形成が再現され、一同納得です。


霧が晴れてきたため、草千里に移動しました。想像よりも風が強く、体が冷えます。自然の雄大さに圧倒されつつも、疑問に思ったことは質問します。水場周辺では、夜間に集まった動物の痕跡を探しました。



早朝には危ぶまれた中岳火口見学も無事に行ってきました。火口内は水蒸気が多く、残念ながら火口の底は見えませんでした。

昼食は車中でお弁当をいただき、えびの高原に移動しました。正面で噴火しているのが硫黄山。少し手前の小さい噴煙も小規模な噴火です。立体模型、航空写真、記録映像などを使いながら、霧島をはじめとする九州の火山について学びました。説明の進め方も今後の参考になったと思います。



お待ちかねの夕食タイム。明日に向けてしっかり栄養補給です。明日は霧島神水峡でのガイドツアーの後、桜島に移動します。


20:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/12/12

科学探究科2年生 九州フィールドワーク 1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇12月12日(月)研修1日目

予定通り6:40に静岡駅を出発しました。天候にも恵まれ、一気に熊本まで移動します。12:38熊本駅到着。ここからはバスで大観峰まで移動します。


熊本市内を抜け、1時間ほどで大観峰に到着しました。天候は穏やかな晴天です。今まで見たこともない景色に一同感動しました。阿蘇の成り立ちをはじめ、草原が維持されている仕組みやその意義など、阿蘇ジオパークガイドさんから詳しく学びました。




ホテル到着。明日からの活動に備え、しっかり食べて栄養補給します。あすは阿蘇中岳火口に向かう予定です。





19:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/01/06

<科学探究科2年生>マスフェスタ

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

 令和3年12月25日 
 大阪府立大手前高等学校において「数学」に特化した研究発表会のマスフェスタ(全国数学生徒研究発表会)に1チームが参加しました。北海道から沖縄まで全国から高校生が集まり、48本のポスター発表が行われました。本校のチームはダンゴムシの交替性転向について数学的にアプローチした研究の発表をしました。大学の先生や全国の高校生から質疑応答やアドバイスを受け、楽しい時間を過ごすことができました。



09:02 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/12/17

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇12月17日(金)

 研修最終日はお世話になった屋久島の自然を守るため、春田浜の海岸清掃を行いました。約1時間の清掃でしたが、通称ドラゴン退治と呼ばれる漁網から近年特に問題とされるマイクロプラスチックの原因になる小さなゴミまでたくさん回収しました。環境を守るために私たちができること、感謝の気持ちを行動に移す大切さを改めて心に刻み、屋久島の研修が終わりました。

 強風吹き荒れる中、飛行機とバスを乗り継いで無事に静岡に戻りました。

 今回の研修では、多くの学びと出会いがありました。これからの人生の糧にしていきます。

 閉講式にて代表挨拶 屋久島環境文化研修センター
 漁網はノコギリで小さく分解協力してこんなにたくさんのゴミを拾いました
 屋久島を出発 学校に到着

20:55 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2021/12/16

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
12月16日(木)屋久島(縄文杉コース、白谷雲水峡コース:太鼓岩、苔むす森)
 今日は1日、3コースに別れて屋久島
フィールドワークを行いました。
【縄文杉コース】
 日の出前の朝6時に登山口を出発し、縄文杉を目指しました。屋久島の雄大な自然から多くを学び、往復約10時間、22キロの挑戦でしたが、参加生徒全員無事に完歩し、大きな達成感で満たされました。
 夜明け前に登頂開始 杉を間近で観察
 ヤクザルに遭遇 屋久島の特徴的な苔を観察
 倒木の前でレクチャー 縄文杉に到着!
【白谷雲水峡コース】
 
苔むす森、太鼓岩の2コースの生徒も、もののけ姫の舞台となった森で多様な植物や動物に出会い、美しい景色の裏にある厳しい生存競争について新たな発見がたくさんありました。
 白谷雲水峡コース 映画の世界を歩きます
 太鼓岩は強風でした 苔むす森コース
 夕食後には、屋久島の概要についての講義を受け、今日のコース別研修で得た学びをさらに深めることができました。
 夜の講義も皆集中して聞きました 質問もたくさんしました
 屋久島での研修は、今回の九州フィールドワーク、そしてこれまでの科学探究科のプラグラムの総括に相応しくとても充実したものとなりました。これまでの経験を胸に明日、帰路につきます。


19:54 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2021/12/15

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

〇1215日(水)霧島(霧島神水峡、国分城山公園)、桜島(桜島ビジターセンター、有村溶岩展望所)

 霧島神水峡では城ケ崎海岸でも見られる柱状節理や美しい水など火山によって作り出された自然を体感しました。
 火山活動で形成された高台にある国分城山公園では、特徴的なシラス台地や霧島から桜島までの火山が織り成す地形を観察しました。
 桜島では、火山博士の福島氏から地質学や生物学などの科学的知見はもちろん、考古学や農業などとの関連を踏まえて人間と自然との繋がりについて深く学びました。自然の織り成す美しさを感じる一方で砂防への備えも目にし、火山とともに生きる厳しさも知りました。桜島では研修中に二度噴煙が立ち上り、火山活動を肌で感じる貴重な経験でした。
 ある生徒は「自然の回復力を間近で感じ、自然との向き合い方を考え直す機会になった」と話し、それぞれが新たな発見から多角的な視点で物事を考える大切さを学んでいます。
 夕方には鹿児島空港から飛行機で屋久島の屋久島環境文化センターに移動しました。明日の屋久島研修に備えます。

 霧島神水峡 立派な柱状節理
 疑問があればすぐに質問します 桜島と錦江湾
 見て、触って、実感 有村溶岩展望台
 屋久島に到着 センターにて開講式



17:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2021/12/14

<科学探究科2年生>九州フィールドワーク2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
〇12月14日(火)阿蘇(草千里)、霧島(えびの高原)

 阿蘇の朝は水に氷が張り、土には霜が降りている厳しい寒さでしたが、よい天気の中研修2日目をスタートしました。草千里では中岳の火山活動を間近に、火山が作り出した地形と人間の生活との関係を学びました。
 えびの高原では、阿蘇とはまた違った火山の様子や植生を観察しながら、自然の観察方法や自然と向き合う姿勢について深く考えることができました。昨日
の大観峰だけでなく、伊豆、富士山での研修との関連に気付く充実した研修になりました。

 阿蘇ジオパークガイドさんの説明背後には火山活動を続ける中岳 
 草千里散策中草千里の中心にて 
 阿蘇火山博物館にて火山の実験中2日間お世話になったガイドさん達と 
 えびの高原えびのエコミュージアムセンター


17:49 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
123

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course)


              
              科探科生徒が日々の活動を
                    英語で投稿しています。