定時制からのお知らせ

定時制職員室より
12345
2018/10/18

【定時制】WEB版『市定だよりVol.21』 芸術鑑賞会が開かれました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
芸術鑑賞会が行われました

10月10日(水)、SPAC(静岡県舞台芸術センター)にて、芸術鑑賞会が開かれました。

今回の演目は、ルーマニアの劇作家ウジェーヌ・イヨネスコの「授業」です。不条理演劇というジャンルの喜劇です。登場人物は、「教授」「女子学生」「教授のメイド」の3人だけ。そして、教授とたった一人の女子学生の、おかしな授業が展開されるのですが……あとは、SPACに出かけて実際に演劇を見てください。

喜劇ではありますが、とても難しい内容の演劇でした。演劇に詳しい先生の話によると、「不条理演劇」というものは、ストーリーを追う演劇ではなく、俳優の演技やリズム、スピード感や言葉の繰り返しなどのおかしさを楽しむものだそうです。

確かに「授業」は、リズミカルでスピード感にあふれた舞台でした。内容は難解でしたが、俳優の皆さんの情熱がひしひしと伝わる素晴らしい舞台でした。

当日は、本校の他に、藤枝東・榛原・島田商業の定時制高校が来場し、演劇を鑑賞しました。どの学校の生徒も、静かに真面目に観劇していました。

生の演劇を見ることは、とても貴重な機会です。来年も、楽しみです。
SPAC全景

SPACエントランス

13:50 | 今日の出来事
2018/09/28

【定時制】WEB版『市定だよりVol.20』生活体験発表会が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

定通制生活体験発表会中部大会が行われました

平成30914日(金)、静岡県立科学技術高等学校にて、静岡県中部定時制通信制生徒生活体験発表会が行われました。

 

生活体験発表会とは、定時制・通信制に通う生徒が、日々の生活を7分間のスピーチにまとめて発表する大会です。今年の大会には、県中部の定時制・通信制の生徒15人が参加しました。

 

定時制・通信制の生徒には、多くの悩みを抱えながら学校に通っている者が少なくありません。例えば、仕事と学業の両立、職場の人間関係、経済的な問題、自身や家族の病気など、彼らの悩みは身につまされるものばかりです。それでも、前向きに学校生活を送ろうとする姿が、7分間の発表のなかに表現され、感動を覚えます。

 

本校からは、4年生の生方佑季さんが参加しました。生方さんは、本校では唯一の4年生です。一人で受ける授業に寂しさを感じつつ、卒業に向けて努力する日々について、切々と語ってくれました。惜しくも入賞は逃しましたが、人々の胸を打つ発表でした。

 

県大会は107日(日)アイセル21で行われます。入場は無料ですので、ぜひご来場ください。


17:06 | 今日の出来事
2018/09/20

【定時制】WEB版『市定だよりVol.19』 避難訓練・防災訓練が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
避難訓練・防災訓練が行われました

平成30年9月10日(月)、本校駐輪場にて、定時制課程の避難訓練と防災訓練が行われました。

この訓練では、地震の発生を想定した避難訓練と、火災等を想定した防災訓練が行われます。

避難訓練では、地震発生の合図にしたがって机の下に身を隠し、その後、校庭へ避難しました。このとき、教室や廊下の灯りをすべて消して、暗い中での避難を体験しました。これは定時制ならではの訓練です。

その後、防災訓練に移りました。防災訓練では、例年、千代田消防署のご協力を頂き、起震車体験とスモークハウス体験、そして水消火器訓練が行われます。今年は、残念ながら、雨が降ってしまい、水消火器訓練と心肺蘇生法訓練のみになってしまいましたが、生徒たちは、皆、真剣に訓練に取り組んでいました。

先日も、北海道で大きな地震があったばかりです。日頃から訓練を重ねて、非常時に適切な行動がとれるようにしたいものです。

防災訓練の様子1

防災訓練の様子2


13:37 | 今日の出来事
2018/09/07

【定時制】WEB版『市定だよりVol.18』 9月の予定とボウリング大会の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
9月の予定とボウリング大会の様子

2学期も無事に始まりました。
定時制の9月の予定をお知らせします。

9月
3日(月)始業式
10日(月)避難・防災訓練
14日(金)生活体験発表中部大会
17日(月)敬老の日
23日(日)秋分の日
24日(月)振替休日
25日(火)月曜日課

9月の主な行事としては、避難・防災訓練と生活体験発表中部大会があります。

避難・防災訓練では、千代田消防署のご協力をいただき、起震車やスモークハウスの体験があります。

生活体験発表中部大会は、科学技術高校を会場に、代表の生徒と引率の教員が参加します(その他の生徒は、通常授業です)。

* * *

遅くなりましたが、1学期末に行われたボウリング大会の様子をここでお知らせします。

平成30年7月19日(木)に、静岡市駿河区のボウルアピア静岡にて、学校行事としてのボウリング大会が行われました。鉄道事故でダイヤが乱れるなか、無事、生徒全員が出席して大会は始まりました。

この大会は、生徒と教職員が3人でチームを組み、2ゲームの合計点で順位を競います。ボウリングが苦手な生徒にはハンディが与えられます。

各チームには面白い名前がついています。例えばチーム「ブラック」、「月桂樹」、「食欲旺盛」などです。

校長先生も生徒と一緒にチーム戦に参加してくださいました。事務室の事務長さんや事務員さんも応援に駆けつけてくださいました。

大会は、あちらこちらで歓声があがり、とても盛り上がりました。ある生徒がストライクを取ると、他のチームからも拍手が沸き起こるなど、とても良い雰囲気でした。

賞品は、優勝チームと個人の上位3人、そしてブービー賞に与えられます。

優勝は、1年生2人を中心としたチーム「ブラック」でした。個人賞も1位から3位まで1年生が独占しました。

さて、この大会の運営は、生徒会の担当役員が中心になって運営されます。今回も、3人の役員が、数週間前から準備を進めてきました。生徒会役員は、チーム分けや進行方法、司会原稿の作成や賞品の買い出しなど、本当に細かいところまで気を配り、準備をしてきました。この大会の成功は、彼らの地道な準備があってのことです。彼らの活動に、心から拍手を送りたいと思います。

この大会をきっかけに学年を超えて親睦が深まり、これからの学校生活が明るく楽しいものになれたらと思います。

ボウリング大会の様子


17:47 | 今日の出来事
2018/07/20

【定時制】WEB版『市定だよりVol.17』 交通安全教室が開かれました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

交通安全教室が開かれました

平成30717日(火)に、本校会議室にて、交通安全教室が開かれました。

 

講師には、静岡県交通安全協会静岡中央地区支部の前島さん(警察官)・茨木さん(交通指導員)・望月さん(交通指導員)をお迎えしました。

 

はじめに前島さんが、交通安全全般についてのお話をしてくださいました。前島さんは「最近、高齢者の交通事故が注目されているが、若い人の事故も多い。一瞬の不注意で若い命が失われ、せっかくの未来がなくなってしまう。我々が、各学校を回って交通安全教室を行う理由は、若い命を守るためだ。」とお話されました。

 

続いて、交通指導員の望月さんが、市立高校周辺の危険箇所や、高校生が勘違いしやすい交通ルール等について、パワーポイントを使ったクイズ形式でお話してくださいました。

 

望月さんは、「16歳から18歳の若者の事故はとても多い。また、過去10年間のこの世代の死亡事故の統計を取ると、高校1年生は中学校3年生の4倍も死亡事故が多い。正しい交通ルールを身につけ、事故を防いで欲しい。」とお話されました。

 

最後に、「高齢者疑似体験セット」を体験しました。視野が狭くなるゴーグルや、腰が曲がるコルセットなどを着用し、高齢者の方の状態を体験しました。前がよく見えなかったり、真っすぐ歩けなかったり、高齢者が交通弱者であることがよくわかりました。

 

高齢者を交通事故から守るためにも、交通ルールを理解し交通安全を実現することの大切さを学びました。

 交通安全教室の様子

  交通安全教室の様子
  高齢者疑似体験セットを装着した生徒
  高齢者疑似体験セットを装着した生徒
15:31 | 今日の出来事
2018/07/04

【定時制】WEB版『市定だよりVol.16』7月の予定

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

7月の予定

定時制の7月の予定をお知らせします。

 

7月

3日(火)~6日(金)     期末テスト

17日(火)        交通安全教室

19日(木)        ボウリング大会

20日(金)        終業式

23日(月)~9月2日(日)夏季休業

 

7月の主な行事としては、期末テストとボウリング大会があります。

 

ボウリング大会は、生徒と先生がチームを組んで対戦します。毎年、とても盛り上がる行事です。

 

終業式が終わると、待ちに待った夏休みです。

 

定時制の生徒には、夏休みであっても、仕事があります。むしろ、夏休みの方が、仕事が忙しい生徒もいます。

 

体調に注意して、暑い夏を乗り切って欲しいです。


  
給食室の様子
  給食室の様子


14:25 | 今日の出来事
2018/06/25

【定時制】WEB版『市定だよりVol.15』定期訪問がありました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
定期訪問がありました
6月15日(金)に、静岡県総合教育センター教育主査(指導主事)による定期訪問がありました。定期訪問とは、県総合教育センターの指導主事が県内の各高校を訪問し、研究授業や研修などを通じて指導助言し、授業力をはじめとする教員の資質・能力の伸長を目的とする行事のことです。

この日は、国語の研究授業と授業検討会が行われました。全日制の先生方も多数、授業参観と授業検討会に参加してくださいました。

これまでの高等学校の授業検討会では、主に授業者の発問や動作、指示、授業展開などに着目し授業検討がなされてきました。今回は、生徒の授業中のあらわれを通して、授業の改善点を探るやり方で研修を行いました。

授業を参観した教員は、授業中、生徒の発言や表情、動作などを観察しました。そして、授業検討会では、3つの班に別れて生徒の発言等を分析し、授業の狙いが達成されていたかどうか検討しました。

今回の検討会のやり方は、授業の改善点がとてもはっきりするやり方です。例えば、授業者の問いかけに生徒が答えられなかった場面からは、「生徒は、解答をワークシートから探しきれなかった。授業用ワークシートの構成を変えて、その子が段階を追って答えられる構成にしたらどうか。」などの改善案が提案されました。

授業を行った教員も、参観した教員も、得るものが多い検討会でした。今回の検討会の成果を、今後の授業改善に生かしていきたいと思います。
授業検討会の様子

20:58
2018/06/19

【定時制】WEB版『市定だよりVol.14』校長先生が授業を参観されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
校長先生が授業を参観されました

6月中旬には、毎年恒例の、校長先生による授業参観が行われます。

 

校長先生は、普段の日も、ふらりと授業を見に来てくださいます。普段は主に、生徒の様子を見に来られていますが、この期間は先生方の授業を参観することが目的です。

 

先生方は、授業案を事前に提出し、授業参観に臨みます。この日は、英語と数学の授業参観が行われました。

 

英語の授業では、先生がiPadを使って授業を行いました。iPadは、静止画の表示や動画の再生、発音の繰り返し再生などが簡単にでき、英語の授業には無くてはならないアイテムです。

 

校長先生は、全日制の先生方も含めて、本校すべて先生の授業を参観されます。全日制の授業参観は、10月までかかります。

 

ところで、この3月には新しい高等学校学習指導要領が公示されました。平成31年度からは、移行措置が始まります。新しい学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」が重視されています。

 

「主体的」な学びとは、つまり、学ぶことに興味や関心を持ち、自分の将来や興味の方向性と関連付けながら、見通しを持って取組み、さらに自らの学習活動を振り返って次につなげる学びのあり方のことです。

 

「対話的」な学びとは、学習が個人だけで完結するのではなく、友人と共に学び合ったり、教師や地域の人々と対話したり、歴史上の人物を含めた先人たちの考え方をもとに、考える手がかりを得たりして、自分の考え方を広げる学びのあり方のことです。

 

「深い学び」とは、知識の習得や活用、探求活動の中で、それぞれの教科の特性に応じたものの見方や考え方を働かせて、思考・判断・表現し、学習内容の深い理解につなげる学びのことです。

 

静岡市立高等学校定時制では、積極的に「主体的・対話的で深い学び」を取り入れた授業を研究していきます。

英語の授業参観の様子
18:52
2018/06/15

【定時制】WEB版『市定だよりVol.13』PTA総会が開かれました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

PTA総会が開かれました

6月7日(木)に、定時制課程のPTA総会が開かれました。PTA会費・給食費・振興会費などの決算案や、今年度の役員も無事承認され、新年度のPTA活動がスタートしました。

 

PTAは、生徒たちの学校生活を物心両面から支える大切な組織です。学校で必要な物品や講演会の講師費用など、生徒の学習活動に必要な費用を支援していただいています。

 

静岡市立高等学校定時制のPTA組織は、とても少人数の組織ですが、学校にとって無くてはならない存在です。PTAの会員の皆さん、これからも、よろしくご支援お願いします。
前PTA会長様に感謝状贈呈
この会で退任される前PTA会長様に、静岡市から感謝状が贈呈されました。


15:30 | 今日の出来事
2018/06/14

【定時制】WEB版『市定だよりVol.12』 授業の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

授業の様子

定時制の授業の様子についてお伝えします。

静岡市立高等学校定時制課程の授業は、どのクラスもとても少人数です。以下に、本校定時制課程のクラスの在籍数を紹介します。

静岡市立高等学校定時制の在籍数

1学年1クラスです。一番多いクラス(1年生)でも5人、最も少ないクラス(4年生)では、たったの1人で授業を受けることになります。

 

少人数の授業には、メリットとデメリットがあります。メリットは、ほぼすべての授業においてマン・ツー・マンの指導が受けられます。わからないところも、すぐに質問できます。

 

現在、12人の在校生に対して、授業を担当する教員は、8人です。国語・数学・理科・地歴公民・外国語・体育は、常勤の先生が教えています。芸術(書道)・家庭科・情報は非常勤の先生が教えています。12人の生徒に対して、9人の先生というのは、とても恵まれていると思います。


他方、少人数授業のデメリットとしては、話し合いなどが必要な授業のときに、人数が少なすぎて議論が深まらなかったり、クラスで欠席者が何人か出てしまうと、授業の進度が遅れたりすることです。

教室での授業の様子ですが、どの学年(クラス)の生徒も、授業に対して前向きで活発に授業に参加しています。ときには生徒が、話題を授業からわざと脱線させたり、先生の発言に茶々を入れたり、とても明るく笑顔あふれる授業が行われています。
 

ところで、「少人数のクラスで、体育の授業は、どの様に行われているのですか?」と、時々、お尋ねがあります。確かに、気になります。


少人数ということで、体育の授業では、野球やサッカーなどの競技はできません。どうしても、テニスや卓球などの個人種目が中心になります。

 

個々の生徒の体力や技術にあわせて指導を行うため、生徒は無理なく楽しく、それぞれの競技に参加しています。

 

体育の授業のほとんどは、グラウンドは使わず、体育館やテニスコート、卓球場などで行われています。なお、水泳の授業はありません。

 

サッカーやバスケなどの人数が必要な競技は、球技大会で行います。学年を超えてチームを作り紅白戦形式で戦います。

 

ただ、この先、生徒数が減少していくと、球技大会の競技種目も考え直さなくてはならない時期が来るでしょう。少人数の学校の悲哀です。

 

少人数でも、活気を失わず、学びが深まる授業はできると思います。これからも、静岡市立高等学校定時制は、より良い授業を目指します。

たった一人の授業
20:40 | 今日の出来事
12345
静岡市立高等学校定時制

〒420-0803  静岡市葵区千代田3丁目1-1 

TEL:054-246-3749   FAX:054-246-3763


 
※このページの訪問者は37480人です

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。