平成30年度SSH活動

平成30年度SSH活動
12345
2019/03/19

校内表彰式

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
終業式前に表彰式が行われました。

 山崎賞 「吸収スペクトルでの透明化ダンゴムシの検証」 
   佐藤さん、小杉さん、齋藤さん、土谷さん(科学探究科2年)

 Taiwan International Science FairTISF2019 
  化学部門 一等奨
  杉森さん、杉山さん、袴田さん(科学探究科2年)

 この二つが表彰されました。
  
  
10:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/03/09

<科学探究科2年生>静岡県理数科課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 平成31年3月9日、静岡県教育会館において静岡県理数科課題研究発表会が開催されました。県内のすべての理数科設置校(12校)が参加し、各校の代表1グループが課題研究の成果を口頭発表しました。
 本校からも代表1グループが参加し、授業「
探究プログラムⅡ」で取り組んだ課題研究の内容を発表しました。


【研究タイトル】手書き文字認識
【発表者】   望月さん、松澤さん

  
   
15:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/14

TISF 2019 化学部門で一等賞を受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用

科学探究科2年生3名が Taiwan International Science FairTISF2019 で課題研究(授業「探究プログラム」での取組)の内容を発表し、化学部門で一等獎()を受賞しました。

【期  間】  平成31年1月28日~2月1日
【開催場所】  
National Taiwan Science Education Center
【研究タイトル】Findings of New Oscillations in BR Reaction
【発表者】   科学探究科2年 袴田彩仁,杉森仁奏,杉山伊吹

"TISF"は台湾最大規模の国際科学コンテストです。本年度は22の国と地域から選ばれた278人の高校生(9-12grade)がポスター発表し、審査を受けました。審査会場への入場が許可されるのは発表者と審査員のみ。そして審査はすべて英語で行われました。(写真は一般公開日の様子です。)


日本からは、
15回高校化学グランドコンテストで受賞した奈良女子大学附属中等教育学校と本校の2校が参加しました。台湾文化に触れ、世界各国の高校生と交流するプログラムも用意されるなど、充実の1週間を過ごすことができました。




09:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/06

〈普通科1年生〉SS探究Ⅰ 全体発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 2月6日(水)午後、1年生のSS探究全体発表会を行いました。SSHの一環として1年生の普通科が初めて取り組んだSS探究成果の発表です。同時に科学探究科1年生の発表も行いました。普通科の10ゼミ70班と科学探究科10班の合計80班の研究成果をポスター発表という形で行いました。また、外部から大学、市役所、関係機関の方々、他高の先生などが来校、成果を評価して頂きました。
 プレゼンテーションは10分を1サイクルで発表と質疑応答を行い、それを交代で8回繰り返しました。普通科は「静岡市未来探究」がテーマですが、どのゼミ、どの班も内容の濃い、よく練られたものだったと思います。また、同時に行われた科学探究科の発表も素晴らしいものでした。お互いの科が発表を通して刺激し合っていたと思います。そして、非常に良い経験になったと思います。
 普通科の本年度の発表はこれで終わりますが、来年度新たにより高度な研究にチャレンジしてゆくことになります。関係された多くの方々に厚く御礼申し上げます。

 開会式
 2階のフロアや廊下を使って
 ポスター発表をします
   
   
   
   
科学探究科の発表   
   
   
   
   
   
 各ゼミへの意見が集められます 閉会式 静岡大学の先生の講評 全体挨拶 お疲れ様でした


18:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/05

科学探究科1年 CDプログラムⅠ 古田先生の講義

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 2月5日(火)、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長の古田貴之先生を招いて講義を行いました。
 内容はロボットの現在と未来についての話題と、先生が歩いてきた人生を基にした先生の人生観についてです。要所要所で生徒へのメッセージが込められており、巧みな話術と仕草で、約90分の講義があっという間に過ぎました。その後、多くの生徒が質問をし、丁寧に答えていただきました。生徒にとってはとても貴重な講義となりました。


19:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事
2019/01/24

<科学探究科1年生>ビタミンCの探究 英語プレゼンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 1月12日、22日の2日間、科学探究科1年生が「ビタミンCの探究」で行なった実験の内容を英語で発表しました。大学の先生、TAの方をお招きし、また生徒の保護者も参観していただきました。生徒は大勢の人に見られる中、緊張しながらも立派に発表することができました。見ていた生徒からは、発表内容に対して英語による質疑がたくさん出てきて、発表者も自分なりの考えを英語で答えていました。
 大学の先生、TAからも助言をいただき、自分たちのやった実験のおもしろさや展望に気付かされ、今後改善していきたいという意欲も強まったようです。来年の海外科学研修に向けて英語力をさらに鍛えていきたいと思います。

11:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/21

12月21日、校内表彰式

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 終業式前に表彰式が行われました。

 グローバルサイエンスキャンパス平成30年度全国受講生研究発表会 
  文部科学大臣賞 袴田彩仁さん(科学探究科2年)

 第15回高校化学グランドコンテスト
  
三大学学長賞  杉森仁奏さん、杉山伊吹さん、袴田彩仁さん(科学探究科2年)

 第62回「静岡県学生科学賞
  
県科学教育振興委員会賞 伊藤陽菜さん、望月彩夏さん(科学探究科3年)


 この三つが表彰されました。

11:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/13

〈普通科1年〉SS探究Ⅰ 中間発表

Tweet ThisSend to Facebook | by Webページ作成用
 12月12日(水)普通科1年生SS探究の時間はこれまでの探究活動の中間発表を行いました。
今回は各ゼミグループ内の発表で、各班1人が発表、それを他の班が聴講し、質疑応答をするというものです。全員が発表をし、また多くの研究を聴講できるように4ローテーション行いました。まだ中間発表の段階ではありますが、全てのゼミ、全ての班が具体的に実のある研究を進め、積極的に取り組んでいる様子がわかりました。この探究活動をさらに進めて来年2月6日の本発表につなげていきます。
 
                               1人が発表します
 
 発表を真剣に聞きます。               資料を使って
 
質疑応答
 
どのゼミ、どの班の発表もよく考えられたものでした。
08:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/07

<科学探究科2年生>海外科学研修5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

現地時間12月6()10:00

  科学探究科海外科学研修は全ての研修を終え、帰国の途についています。今、サンフランシスコ国際空港で出国手続きを済ませました。この後、現地時間11:10発ユナイテッド837便で成田に向かいます。成田到着時刻は、日本時間12月7()15:30を予定しています。

  今回の研修で、生徒達は様々なことを感じたはずです。その背景には、非常に多くの方のご協力がありました。ガイドのミトさん、旅行社の橋爪さん・望月さん、静岡市国際交流の鈴木さん、リンカーン高校のキャシー先生、ヨセミテの加藤さん、ケニスさん、スタンフォード大学のヤン先生、田内さん、キャンパスツアーで協力してくださった多くの方々、スタンフォードをコーディネートしてくださる松浦さん、市立高校関係者、そして保護者の方々、本当に多くの方にご協力していただいて、本研修が成り立ち、そして成功したと思います。心より、感謝申し上げます。ありがとうございました。このご恩に報いるためには、私たちはより一層様々な勉学に励むしかないと思います。頑張ります。

  本当にありがとうございました。


 サンフランシスコ国際空港にて
 帰国の途につきます

 手続きを済ませます

12:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/12/06

<科学探究科2年生>海外科学研修4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

海外科学研修4日目(現地12月5日(水))

 研修最終日は、パロアルトにあるスタンフォード大学での研修です。
 午前中は7グループに分かれてキャンパスツアーを行いました。今日も1グループにつき一人ずつ、各分野で活躍されている方々にスタンフォード大学を案内していただきました。大学の施設や研究設備の案内は勿論のこと、ご自身のキャリアについてもお話を聞くことができ、生徒たちは今後の自分のキャリアに思いを巡らせているようでした。
 午後はまずd.schoolを見学しましたdesign thinkingによって課題解決を試みるd.schoolの取り組みは、現在、世界中で大変注目されています。そのd.schoolの中を、日本人バイオデザイナーである大森さんの案内のもと見学しました。多くの学生が、実に楽しそうにアイデアを出し合っている様子が印象的でした。

 続いて、スタンフォード大学でポスドクをしておられる田内悠さんの講義を聴きました。田内さんは若手の生物学者です。田内さんがこれまで歩んできた道のりやアメリカに渡る経緯など、留学を考えている生徒には特に興味深い内容でした。田内さんの高校生活は野球漬けだったとのこと。もし今高校2年生に戻れると仮定したら、もっと勉強を「楽しむことができたであろう」と仰っていました。「あの時頑張っていればよかった」ではないところが何か胸に突き刺さりました。

 続いてフィリップ=ヤン教授による「幹細胞」研究の講義です。「幹細胞」をどうやって実用化に導くか、ヤン教授達は日々研究を続けておられます。専門的な内容であることに加え、すべて英語で行われる講義は大変難しかったです。しかし、ヤン教授の講義内容に関する事前研修を9月に受けていたので予備知識があったこと、また、肝心なところはヤン教授が日本語で説明してくださったことから、大まかな内容を理解することができました。やはり事前研修は大事です。

 今日の研修でも多くの方々から様々な刺激を受けました。これですべてのプログラムが終了。長いようであっという間の4日間でした。明日、帰国の途につきます。


スタンフォード大学

キャンパスツアーにて
ゆったりとした時間が流れています

d.schoolにて



田内氏 講義

ヤン教授 講義







15:43 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

学校の連絡先

〒420-0803
 静岡市葵区
  千代田3丁目1-1
TEL:054-245-0417
FAX:054-248-1190
メールアドレス

ichiko@shizuokacity-h.ed.jp

学校までのアクセス方法はここをクリック
 

静岡市立高校同窓会

静岡市立高校同窓会のホームページはこちらから

http://shizuokaichiko.net
 

科学探究科(Science Inquiry Course) Facebook


科探科生徒が日々の活動を
英語で投稿しています。